お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

Yellowfinは、プラグインフレームワークを使用して、開発者がすぐに使用できる機能を拡張するための数多くの機会を提供しています。これは、カスタムデータトランスフォーメーション(ETL)ステップの作成、サードパーティ製APIデータソースに接続するコネクター、レポートデータセット上にカスタマイズした計算式を実装する高度な関数、ダッシュボードキャンバスでのカスタムウィジェットの作成、カスタムデータトランスフォーマッターおよびコネクタの作成などを実現します。

まずはこちらから、プラグインフレームワークの概要について、ご確認ください。



各機能についてより詳細な情報は、以下の項目を参照してください。


カスタムデータソースコネクター

カスタムサードパーティ製コネクターを作成し、データソースからデータを取得します。詳細は、こちらを参照してください。


高度な関数のカスタマイズ

Yellowfin レポートで使用する独自の高度な関数を作成します。詳細は、こちらを参照してください。


カスタムフォーマッター

独自のカスタムフォーマッターを作成します。詳細は、こちらを参照してください。


データ型のカスタムコンバーター

独自のデータ型コンバーターをコーディングします。詳細は、こちらを参照してください。


カスタムトランスフォーメーションウィジェット

Yellowfinのデータトランスフォーメーションモジュールで使用する独自のETLウィジェットを構築します。詳細は、こちらを参照してください。


汎用構成UI

プラグインの構成および永続化のための汎用APIについて紹介します。詳細は、こちらを参照してください。


データサイエンス統合

PMML、PFA、R、H2O.aiデータサイエンスモデルをYellowfinに統合します。詳細は、こちらを参照してください。