このドキュメントは、Yellowfinの旧バージョンについて記載しています。

Icon

利用可能なバージョン のドキュメントを参照してください。

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Yellowfinについて

Yellowfinでは、さまざまなアプリケーション設定データがYellowfinデータベースに保存されます。これらのデータには、権限付与や認証の許可、データの論理ビュー、レポート定義、フィールド定義、実行統計、およびこれらのデータの情報(メタデータ)などが含まれます。

ユーザーや管理者は、これらのデータ項目をブラウザーインターフェースを介して定義します。Yellowfinは、実行時にこれらの多様なデータをSQLクエリーに変換し、必要なレポートを生成し、そのレポートをユーザーインターフェースに表示します。このインターフェースから、ユーザーはレポートの保存形式(スプレッドシート、PDF、HTMLレポートなど)を選択できます。

アーキテクチャの概要

Yellowfinでは、Javaプラットフォームの標準に準拠して、コンポーネントの機能や役割が記述されています。Yellowfinは、次の技術的なコンポーネントで構成されています。

クライアント層

クライアント層では、Webブラウザーを介してユーザーインターフェースが提供されます。Yellowfinは、以下のブラウザーで実行するように設計されています。

  • Microsoft® Internet Explorerバージョン8以降
  • Firefox
  • Chrome
  • Opera
  • Safari

中間層

中間層では、ワークフローおよびビジネスロジックが提供されます。
Webサーバー - このコンポーネントは、WWWを介してHTMLページを処理し、送信します。Yellowfinでは、Apache Tomcatを使用しています。
Webコンテナ - このコンポーネントは、HTMLリクエストを解釈し、必要なビジネスロジックを実行し、永続的なデータをデータベースに書き込み、必要なWebページを動的に生成します。Yellowfinでは、Apache Tomcatを使用しています。

バックエンド層

バックエンド層では、アプリケーションで必要とされるデータが永続的に保存されます。
データベース - Yellowfinは、すべてのJDBC 2.0に準拠しているデータベース(Microsoft® SQL Server、Oracle、IBM UDB、MySQL、Progressなど)をサポートするように設定することができます。