お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

概要


レポートテーブルでメトリック(数値)データにスパークライン(または、棒グラフ)を作成する手順を紹介します。これを実行するには、「スパークライン用配列分析関数」を使用して、データを集約値の配列に変更し、「スパークラインフォーマッター」を使用して、配列をスパークラインに変換します。




手順

Yellowfin スキーチームサンプルデータセットを使用して作成した、以下の例を参照してください。


  1. 通常通りにレポートを作成し、必要なフィールドを追加します。こちらの関数を使用するためには、メトリック(数値)、および日付フィールドが必要です。
  2. スパークラインを作成するメトリック(数値)のフィールドメニューを開き、「高度な関数」を選択します。



  3. 高度な関数ポップアップで、関数の選択から「分析」を選択します。一覧から、「スパークライン用の配列」を選択します。



  4. ポップアップに追加の設定項目が表示されたら、年フィールドを選択します。このフィールドは、配列を作成するために、メトリック(数値)値の集約に使用します。メトリック(数値)のロウ(行)配列は、複数の日付からのデータを表示するために、レポートテーブルに空欄が表示されることに注意してください。空欄の日付フィールドを非表示にすることもできます。

  5. 次に、日付フィールドの欠落値を埋める方法を指定します。選択肢は、以下の通りです。
    1. ゼロで埋めない:日付フィールドの欠落値を無視します。
    2. ゼロで埋める:選択したデータカラム(列)のすべてのロウ(行)からの観測値で欠落値を埋めます。
    3. 日付の粒度に応じてゼロで埋める:指定した日付間隔を使用して、観測された最小と最大の日付の間を埋めるために補間を使用します。
  6. スパークラインに、スケーリング用の値を含めるかどうかを指定します。スケーリングは、すべてのロウ(行)の値を観測することで、グラフの線をスケールします。スケーリング用の値を含めない場合、10、21、35などの小さな値を持つスパークラインは、100、210、350など、値の差は似ているが大幅に異なる値のスパークラインと類似する表示になります。
  7. 保存」をクリックします。




  8. 以下の例に示すように、ひとつのロウ(行)に集約されたメトリック(数値)値の配列が表示されます。



  9. 次に、値をスパークラインに変換しなくてはいけません。同じメトリック(数値)カラム(列)のメニューから、「書式」を選択し、「編集」をクリックします。カラム(列)の書式設定が開きます。



  10. 書式」項目で、「スパークラインフォーマッター」を選択します。追加の書式設定が表示されます。



  11. スパークラインの幅と高さを指定します。
  12. スパークライン用配列分析関数で、スケーリングを有効にした場合は、「スケーリング用の値を含む」トグルを有効にします。これを有効にしないと、間違ったスパークラインデータが表示されます。
  13. カラム(列)の書式設定を終了し、レポートテーブルでスパークラインを確認します(以下の例のように表示されます)。



  14. カラム(列)の書式設定で、「スパークラインのタイプ」に「棒グラフ」を選択することで、レポートに棒グラフを表示することができます。



  15. レポートを保存して、通常の作業を続けます。