Skip to end of metadata
Go to start of metadata

概要

ソフトウェアの新機能と同様に、理解しておいた方が良い新しい用語と名前があります。以下に、Yellofinで使用されており、よく質問される用語の一覧を示します。

A

用語

説明

有効化(Active)

Yellowfinコンテンツは、有効化ドラフト(編集中)の2つの状態のいずれかになります。
コンテンツが完成し、ユーザーがそれを有効化すると、コンテンツは有効状態になり、他のユーザーもそのコンテンツを使用できるようになります。つまり、設計どおりにビュー/レポート/ダッシュボード/カテゴリー/サブカテゴリーなどを使用できます。

Admin

システムを管理するユーザーです。一般に管理者は、ソース接続ビュー、およびレポートカテゴリーを作成し、ユーザー、セキュリティ、ライセンスを含むすべてのシステムオプションを管理します。 そのロール権限は、最も制限が少なく、一般に使用可能なすべての機能へのアクセスが許可されています。

高度な関数(Advanced Function)

レポート内のフィールドに適用できる事前定義された計算です。それらはSQLクエリーの一部ではないため、データベースから結果が返された後に実行されます。
詳細については、高度な関数を参照してください。

集計(Aggregate)

Yellowfinは、一意の各ロウ(行)(「重複レコードを表示」が有効な場合は繰り返しを含むすべてのロウ(行))を表示するのではなく、一意のカテゴリー(または組み合わせ)ごとに1ロウ(行)を表示します。広範な集計オプションから選択して、これを実行できます。たとえば、「合計」が選択された場合、Yellowfinは各ロウ(行)のすべての数値結果を合算(合計)します。「平均」を使用すると、Yellowfinは各ロウ(行)の平均メトリック値を表示します。
詳細については、集計を参照してください。

表示名(Alias)

ビュー管理者は、ビューの作成プロセスの第1ステップで、これを使用してテーブルに新しい名前を付けることができます。表示名は通常、1つのビューでテーブルの複数のコピーが使用される場合に使用されます。
詳細については、表示名を参照してください。

分析フィルター(Analytic Filters)

1つのダッシュボードタブのすべてのレポートに適用されるユーザープロンプトフィルターです。
詳細については、分析設定を参照してください。

注釈(Annotation)

日付または日付範囲に付加されるイベントの説明で、レポートまたはグラフ、もしくは両方に表示されます。
詳細については、レポートの注釈を参照してください。

昇順(Ascending)

最小/最低の値から最大/最高の値へと並べかえるオプションです。つまり、数値は0~9の順で、文字はA~Zの順で並べかえられます。

平均(Average)

この集計は、NULL値を無視して、メトリックの平均値を返します。
詳細については、集計を参照してください。

B

用語

説明

ブロードキャスト(Broadcast)

コンテンツを配信する方法の1つです。電子メールブロードキャストは、レポートどの一部のコンテンツを含む電子メールを指定した受信者に送信します。スケジュールして送信する場合もあれば、1回だけ送信する場合もあります。
詳細については、ブロードキャストを参照してください。

C

用語

説明

計算フィールド(Calculated Field)

データベースから直接値が取得されないフィールドタイプです。データベースフィールドを使用して式を作成することができます。
詳細については、計算を参照してください。

カテゴリー(Category)

コンテンツのグループ化に使用されるフォルダーです。ビューレポート、およびフィールドはすべてカテゴリーを使用します。レポートは「カテゴリー」>「サブカテゴリー」構造を使用して、セキュリティをグループ化し、割り当てます。
詳細については、コンテンツカテゴリーを参照してください。

グラフ(Chart)

データを視覚的に表現します。Yellowfinでは幅広いグラフタイプを使用できます。
詳細については、レポートビルダー - 「グラフ」ステップを参照してください。

クライアント組織(Client Organisations)

Yellowfinには、クライアント組織と呼ばれる機能があり、この機能を使用するとYellowfinの複数の仮想インスタンスを同じサーバーインスタンスに配置できます。この方法で、1つの組織内で分離されたコンテンツを作成し、同じサーバーにログインしている他の組織ユーザーに対して非表示にすることができます。これは、Yellowfinのマルチテナントソリューションです。
詳細については、クライアント組織を参照してください。

クロス集計(Cross Tab)

複数のカテゴリーごとにメトリックを集計し、ロウ(行)ヘッダーおよびカラム(列)ヘッダーとして表示できるレポート出力オプションです。
詳細については、テーブルレイアウトを参照してください。

マルチ表示(Co-Display)

この機能を使うと、1つの「レポートプレビュー」ページで複数のレポートを表示できます。
詳細については、マルチ表示レポートを参照してください。

コラボレーション(Collaboration)

ユーザーがデータに対する理解と意思決定プロセスを共有するために共同して作業する場合を指しています。Yellowfinには、コメント、ディスカッション、注釈などの共同作業を支援する機能が用意されています。
詳細については、コラボレーションを参照してください。

コメント(Comment)

レポートの設計や結果について意見を交わすために、レポートに付加されるメモです。
詳細については、コメントを参照してください。

条件付き書式(Conditional Formatting)

条件が一致したときにトリガーされる書式です。ルールはレポート内のフィールドに適用され、データがルールに一致した場合に強調表示などの特別な書式が適用されます。
また、基本ルールをグラフに適用することもできます。
詳細については、条件付き書式を参照してください。

条件(Condition)

テーブルから返されるロウ(行)数を制限し、ビューレベルで設定するフィルターです。このフィルターは、レポートレベルでは表示することも削除することもできません。
詳細については、テーブルの条件を参照してください。

個数(Count)

この集計は、レポート内のフィールドの総レコード数を返します
詳細については、集計を参照してください。

重複を除いたデータの個数(Count Distinct)

この集計は、レポート内のフィールドで一意のレコードの総数を返します。つまり、レコードが2回出現する場合でも、1回目のみカウントされます。
詳細については、集計を参照してください。

クロス結合(Cross Join)

この2つのテーブルを結合する方法では、結合内の1番目のテーブルの各ロウ(行)を2番目のテーブルの各ロウ(行)に一致させ、結果で返されるロウ(行)数を増やします。
注意:この結合が適しているのはわずかなケースに限られ、間違って使用するとパフォーマンスに悪影響を及ぼすため、細心の注意を払って使用する必要があります。
Yellowfinのクロス結合の使用方法の詳細については、テーブルの結合を参照してください。また、結合の一般的な情報については、ブログ:Visual Explanation of SQL Joinsを参照してください。

CRUD

作成、読み取り、更新、削除(Create, Read, Update, Delete)。これらのオプションは、ロールを定義し、SQL文に関連付けるために使用されます。ユーザーは、作成(レコードのINSERT)、読み取り(レコードのSELECT)、更新(レコードのUPDATE)、および削除(レコードのDELETE)を行うことができます。
詳細については、ロールを参照してください。

CSS

カスケードスタイルシート(Cascading Style Sheet)。Yellowfinで使用されるファイルタイプの1つで、「管理」から設定できないシステムのスタイルオプションを定義します。YellowfinのCSSファイルは、インテグレーションプロセスでカスタマイズできます。
Yellowfinのインテグレーションを目的とする、CSSファイルのカスタマイズ方法の詳細については、カスタムイメージとCSSを参照してください。また、CSSの一般的な情報については、http://www.w3schools.com/css/を参照してください。

CSV

カンマ区切りテキスト(Comma Separated Values)。これらのファイルでは、各値またはカラム(列)をカンマ文字で区切って、プレーンテキストの形式でデータを保存します。Yellowfinでは、データをレポートするためにこれらのファイルをインポートできます。
詳細については、CSVデータのインポートを参照してください。

D

用語

説明

ダッシュボード(Dashboard)

複数のレポートグラフを1か所に表示するためのスペースで、一度にそのすべてを対象に対話型機能を使用できます。
詳細については、ダッシュボードを参照してください。

データベース(Database)

レポートのデータが保存される場所で、Yellowfinでは、データソースと呼ばれます。
詳細については、http://jp.wikipedia.org/wiki/データベースを参照してください。

データソース(Data Source)

Yellowfinが結果を取得するデータベースです。管理者が、データにアクセスするためのデータソース接続を作成します。
詳細については、データソースを参照してください。

降順(Descending)

最大/最高の値から最小/最低の値へと並べかえるオプションです。つまり、数値は9~0の順で、文字はZ~Aの順で並べかえられます。

ディメンション(Dimension)

Yellowfinの標準フィールドは、メトリックまたはディメンションのいずれかとして分類されます。テキストフィールドはすべてディメンションとして分類されます。ビュービルダーでは、ドリル階層で使用するために数値フィールドと日付フィールドをディメンションとして定義し、使用可能な集計を個数重複を省いたデータの総数に制限することができます。
ディメンション(次元)フィールドはレポートにおける分析の基盤となるデータを取得します。一般的に文字データ(社員名、会社名など)、あるいは期間(年、四半期など)です。
詳細については、ビュービルダー - フィールドタイプを参照してください。

ディスカッション(Discussion)

ユーザーが、必要に応じて複数のコンテンツを参照しながら一般的なトピックや意思決定について話し合うことができる独立したコメントスレッドです。
詳細については、ディスカッションを参照してください。

ドラフト(編集中)(Draft)

Yellowfinコンテンツは、有効化と{*}ドラフト(編集中)*の2つの状態のいずれかになります。
コンテンツの一部が現在ユーザーによって作成中または編集中である場合は、レポートはドラフト(編集中) モードになります。つまり、他のユーザーは、コンテンツが有効化され、編集プロセスが完了するまで、そのコンテンツを表示したり使用したりすることはできません。

ドリル(Drill)

ドリルとは、ユーザーがレポート内のハイパーリンクをクリックし、同じレポート内でより詳細な手順を表示するか、選択したロウ(行)に関連する個別の詳細レポートを開くアクションを指しています。
Yellowfinで使用できるドリルの形式は、ドリルダウンドリルエニウェア、およびドリルスルーの3つがあります。
詳細については、ダッシュボードドリル分析を参照してください。

ドリルエニウェア(Drill Anywhere)

このドリルでは、ドリルプロセス中に、ユーザーによって定義された階層内を上下に移動できます。
詳細については、ドリルエニウェアレポートを参照してください。

ドリルダウン(Drill Down)

このドリルでは、単一のレポート内で事前定義された階層を上下に移動できます。
詳細については、ドリルダウンレポートを参照してください。

ドリルスルー(Drill Through)

このドリルでは、サマリーレポート内のロウ(行)をクリックし、関連する詳細レポートを開くことができます。サマリーレポート内のロウ(行)は一意になるようにフィルターされます。
詳細については、ドリルスルーレポートを参照してください。

重複レコード(Duplicate Records)

結果セット内のすべてのカラム(列)で同じ値を持つロウ(行)を指しています。デフォルトでは、Yellowfinは生成するSELECT SQL文にDISTINCT(重複を除外)を適用します。つまり、重複ロウ(行)は表示されません。この設定は、レポートビルダーの「レポートデータ」ページで変更できます。
詳細については、レポートデータを参照してください。

E

用語

説明

埋め込み(Embed)

Javascript APIを使用して、レポートグラフ、およびダッシュボードを外部Webページに挿入することを指しています。
詳細については、Javascript APIを参照してください。

エクスポート(Export)

対象をシステム外部に出力する機能です。Yellowfinには2つのタイプのエクスポートがあります。

  1. データのエクスポート - ユーザーは、レポートグラフ、および ダッシュボードなどの一部のコンテンツを、CSV、DOC、PDF、RTF、テキスト、またはXLSファイルとして保存できます。
  2. コンテンツ定義のエクスポート - ユーザーは、バックアップや別のインスタンスへの転送を目的に、選択したコンテンツの定義を含むXMLファイルを保存できます。

詳細については、レポートコンテンツのエクスポートダッシュボードのエクスポート、およびリポジトリのエクスポートとインポートを参照してください。

F

用語

説明

フィールド(Field)

レポートを作成するために使用されるデータベース内のカラム(列)です。フィールドは、カラム(列)/ロウ(行)、セクション、およびフィルターとして使用できます。それらは、メトリックまたはディメンションのいずれかとして定義されます。また、計算を作成してフィールドとして使用することもできます。これらは 計算フィールドと呼ばれます。
詳細については、ビューフィールドを参照してください。

フィルター(Filter)

レポートまたはダッシュボードで返される結果を制限するために使用されるフィールドです。Yellowfinにはいくつかのタイプのフィルターがあります。

  1. ユーザープロンプト - 使用する値をユーザーが定義できます。
  2. ハードコード - レポート作成段階で値が設定され、レポート閲覧者は変更できません。
  3. ソース - 管理者によって作成され、レポート閲覧者のユーザー詳細を使用して、それらに関連する結果を制限します。

詳細については、フィルターを参照してください。

G

用語

説明

GISマップ

YellowfinのGIS(Geographic Information System:地理情報システム)マップとは、ポイントまたはポリゴンの形式で地理情報を使用している複数のグラフタイプを指しています。
詳細については、GISマップを参照してください。

GISポイント(GIS Point)

ポイントは、地理的な位置を定義するために使用される緯度と経度の値セットです。ポイントの例としては、顧客やスタッフの居場所やその他の関心のある場所があります。Yellowfinは、GISマッピングでポイントを使用します。
詳細については、GISマップを参照してください。

GISポリゴン(GIS Polygon)

ポリゴンは、地理的な形状を定義するために使用されるポイントのセットです。ポリゴンの形状の例としては、国、都道府県、地域の輪郭があります。Yellowfinは、GISマッピングでポリゴンを使用します。
詳細については、GISマップを参照してください。

粒度(Granularity)

データの詳細レベル。粗い粒度から細かい粒度に掘り下げて表現されます。粒度が細かいほどデータはより詳細になり、要約される単位は小さくなります。集計はデータを要約するために使用されます。
詳細については、ビューと結合の設計における一般的な問題を参照してください。

グリッド線(Gridlines)

x軸とy軸のあるグラフにおいて、グラフのデフォルト描画背景全体に表示される破線です。
詳細については、グリッド線を参照してください。

グリッドバンド(Grid bands)

x軸とy軸のあるグラフにおいて、グラフのデフォルト描画背景全体にわたるグリッド線とともに表示される交互の影です。
詳細については、グリッド線を参照してください。

グループ(Group)

コンテンツとセキュリティを割り当てるために、Yellowfin内で作成されたユーザーリスト。
詳細については、ユーザーグループを参照してください。

H

用語

説明

ハードコード(Hard Coded)

値が入力および設定されている場合を指します。ユーザーは値を変更できません。Yellowfinでは、レポート作成者がフィルター値または計算されたフィールドの値をハードコードできます。つまり、ユーザーが値の入力を求められることはなく、常にレポート作成者が設定した値になります。
このようなケースの代替として、ユーザープロンプトフィルターの実装や計算でのパラメーターの使用があります。
詳細については、フィルターを参照してください。

HEX

Hex(Hexadecimal:16進法)は、16進法の数値体系で、0~9、A、B、C、D、E、Fを使用して値0~15を表します。
HTMLとCSSでは、Hexを使用して、桁を各色に割り当てることで色を識別しています。それぞれ、赤×2、緑×2、青×2で、接頭文字としてハッシュ(#)記号が付きます。
Yellowfinは、システム全体とCSSで、Hexコードを使用して色を識別します。
詳細については、http://www.w3schools.com/html/html_colors.aspを参照してください。

非表示(Hidden)

レポートリストに表示されないように設定されたレポートを指しています。一般に、ドリルスルー関係で下位レポートとして使用される非常に詳細なレポートは非表示で、それ自身ではなく、親レポートを通じてアクセスされるように設計されます。
詳細については、レポートの書式を参照してください。

HTML

HTML(HyperText Markup Language)。HTMLはXMLと同様のマークアップ言語で、Webブラウザー内でデータを表示するために設計されました。Yellowfinでは、CSSと組み合わせて使用されます。
YellowfinでのカスタムHTMLファイルの使用方法の詳細については、カスタムヘッダーとフッターを参照してください。また、HTMLの一般的な情報についてはhttp://www.w3schools.com/html/を参照してください。

I

用語

説明

インポート(Import)

対象を外部ファイルからシステムに追加できる機能です。Yellowfinには2つのタイプのインポートがあります。

  1. データのインポート - ユーザーまたは管理者は、レポートしたいデータを含むCSVファイルをインポートできます。これは、ビューレベルまたはレポートレベルで実行できます。
  2. コンテンツ定義のインポート - コンテンツ定義のインポート - ユーザーは、古いコンテンツを復元するために、または別のインスタンスからコンテンツを転送するために、XMLファイルを使用してシステムに一連のYellowfinコンテンツを転送できます。

詳細については、CSVデータのインポートおよびリポジトリのエクスポートとインポートを参照してください。

内部結合(Inner Join)

特定の結合条件に基づく2つのテーブルのリンクまたは結合のタイプの1つです。両方のテーブルの条件に一致する行のみが返されます。
Yellowfinの内部結合の使用方法の詳細については、テーブルの結合を参照してください。また、結合の一般的な情報については、ブログ:Visual Explanation of SQL Joinsを参照してください。

インスタンス(Instance)

Yellowfinを実行している単一のインストールです。システムによっては、Yellowfinの複数のインスタンスを実行できます。この場合、通常は、開発インスタンス、テストインスタンス、および本番インスタンスがあります。また、要件に応じて異なる本番目的の複数のインスタンスを設けることもできます。

インテグレーション(Integration)

Yellowfinと既存のOEMシステムを組み合わせ、エンドユーザーがシームレスに感じるシステムを作成するプロセスです。
詳細については、インテグレーションを参照してください。

インターフェース(Interface)

ユーザーが操作する部分です。Yellowfinのインターフェースは、Webブラウザーを介して表示され、すべてのナビゲーションとコンテンツが含まれます。

J

用語

説明

結合(Join)

結合とは、両方のテーブルの結果を返すために、複数のテーブルを互いに結合するロジックを指すSQL用語です。
Yellowfinの結合の使用方法の詳細については、テーブルの結合を参照してください。また、結合の一般的な情報については、ブログ:Visual Explanation of SQL Joinsを参照してください。

Javascript API

Javascript APIによってYellowfinのコンテンツを外部Webページに埋め込むことができます。基本高度の使用オプションがあります。
エンドユーザーは、生成され埋め込まれたJavascriptをコピーし、外部ページに貼り付けることで、Yellowfinインターフェースを介して基本機能にアクセスできます。
高度なユーザーと管理者は、ここに概説する例に従うことで、高度な機能にアクセスできます。
詳細については、Javascript APIを参照してください。

K

用語

説明

KPI

重要業績評価指標(Key Performance Indicator)。販売(ドルまたは数量単位)などの事業の業績を監視するために使用される数値です。業績は、目標に照らし合わせて追跡され、条件付き書式のアラートを使用します。
詳細については、KPIレポートを参照してください。

L

用語

説明

LDAP

Lightweight Directory Access Protocol。LDAPを使用することで、Yellowfinは、ユーザー認証とグループ管理を目的にディレクトリ情報にアクセスできます。これによってYellowfinへのアクセスを全組織的に外部から制御できます。
詳細については、LDAPを参照してください。

凡例(Legend)

グラフまたはレポートで使用される値を表示するキーです。グラフでは、どの値が各色に割り当てられているかを表示します。レポートでは、適用されているフィルター値と、定義済みの条件付き書式ルールを表示できます。
詳細については、グラフの凡例 フィルターの凡例、およびおよび条件付き書式の凡例を参照してください。

線の形状(Line Shapes)

データの各ポイントに注意を引くために線グラフに追加される形状です。
詳細については、線の形状を参照してください。

M

用語

説明

最大(Max)

この集計は、フィールドで見つかった最大値を返します。
詳細については、集計を参照してください。

必須(Mandatory)

作成プロセスを完了したり、結果を返したりするためにレポートに必要なフィールドまたはフィルターを指します。
詳細については、必須フィールド/フィルターおよびフィルターの書式を参照してください。

メタデータ(Metadata)

コンテンツの記述情報の一部です。一般に、フィールド、フィルター、レポート、ビューなどの名前、説明、およびカテゴリーの詳細が含まれます。

メトリック(Metric)

Yellowfinの標準フィールドは、メトリックまたはディメンションのいずれかとして分類されます。数値フィールドと日付フィールドはデフォルトではメトリックとして分類されますが、必要に応じてディメンションに変更できます。メトリックフィールドでは、全範囲の集計を使用できます。また、フィルターとして使用する場合は異なる機能も使用可能です。メトリックでは、候補となる値が多すぎるためユーザー入力を求めることはできません。そのため、ユーザーが簡単に範囲を定義できるように、スライダーオプションを使用できます。メトリックフィルター値はキャッシュできません。
詳細については、ビュービルダー - フィールドタイプを参照してください。

最小(Min)

この集計は、フィールドで見つかった最小値を返します。
詳細については、集計を参照してください。

モノクロ(Monochrome)

グラフで使用できる色セットです。グラフで、レポートスタイルで定義されたデフォルトの色を使用する代わりに、ユーザーが選択した1色の異なる色調を使用できます。
詳細については、グラフの書式を参照してください。

マルチテナント(Multi-tenancy)

単一のソフトウェアのインスタンスを実行して複数のクライアントまたはテナントにサービスを提供している場合を指しています。Yellowfin'sクライアント組織は、クライアント組織と呼ばれています。
詳細については、クライアント組織を参照してください。

N

用語

説明

ナビゲーション(Navigation)

ユーザーYellowfinインターフェース内を移動する方法です。ユーザーがページ間やシステムコンポーネント間を移動するために設計されたさまざまなメニューとボタンがあります。
詳細については、システムナビゲーションを参照してください。

NULL

データの欠落または空白を示すために使用されます。Yellowfinは一般に、これらをレポートで返すときは、「NULL」ツールチップ付きの空白として表示します。

数値型(Numeric)

英字や特殊文字を含まず数字(0~9)のみで構成されたフィールドまたは値です。

O

用語

説明

OLAP

オンライン分析処理(Online Analytical Processing)

省略(Omit)

このオプションは、レポート閲覧者がフィルターの値を指定しない場合に使用されます。このオプションは、必須フィルターでは使用できません。
詳細については、フィルターの書式を参照してください。

参照コード(Org Ref Code)

参照コード。データベースからのデータ値を説明にマッピングし、カスタムの並べかえ順序を割り当てる方式です。参照コードは、ラスターマップの設定プロセスの一部としても使用されます。
詳細については、参照コードを参照してください。

外部結合(Outer Join)

特定の結合条件に基づく2つのテーブルのリンクまたは結合のタイプの1つです。Yellowfinで使用される外部結合は、左外部結合と呼ばれるものです。つまり、結合の1番目のテーブル(または左側)のすべてのロウ(行)が含まれ、2番目のテーブル(または右側)からはこれらに一致するロウ(行)だけが含まれます。
Yellowfinの外部結合の使用方法の詳細については、テーブルの結合参照してください。また、結合の一般的な情報については、ブログ:Visual Explanation of SQL Joinsを参照してください。

P

用語

説明

パラメーター(Parameter)

パラメーターは、Yellowfinのユーザー入力フィールドの1つのタイプです。ユーザーが入力した値を計算されるフィールドまたはフィルターに渡すように設計されています。これによって、What Ifレポートを作成できます。
詳細については、パラメーターを参照してください。

描画域(Plot)

軸で結ばれたグラフ領域です。タイトルと凡例の領域は含まれません。
詳細については、描画域を参照してください。

ポートレット(Portlet)

ダッシュボードタブ上のレポートを含んでいるスペースです。
詳細については、レポートポートレットを参照してください。

接頭文字(Prefix)

フィールドの値の前に表示される記号または文字です。よく使用される接頭文字は、$です。接頭文字は、ビューレポート、およびグラフレベルで定義できます。

個人用(Private)

直接アクセス制限が適用されているコンテンツの一部です。コンテンツのタイプに応じて、異なる制限を適用できます。

  • ダッシュボード - 個人用ダッシュボードタブには、タブを作成したユーザーのみがアクセスできます。
  • レポート - 個人用レポートには、レポートを作成したユーザーのみがアクセスできます。
  • コメント - 個人用コメントには、レポートとコメントの両方を閲覧する権限が割り当てられたユーザーのみがアクセスできます。
  • 注釈 - 個人用注釈には、注釈とそれが付加されたレポート/ビュー/コメントの両方を閲覧する権限が割り当てられたユーザーのみがアクセスできます。
  • ディスカッション - 個人用ディスカッションには、ディスカッションエリアとスレッド自体を閲覧する権限が割り当てられたユーザーのみがアクセスできます。

共有(Public)

直接適用されたアクセス制限がある場合もない場合もありますが、一般に、個人用コンテンツよりはるかに広範囲のユーザーを対象として設計されたコンテンツの一部です。コンテンツのタイプに応じて、異なる制限を適用できます。

  • ダッシュボード - 共有ダッシュボードはセキュアまたは制限なしに設定できます。セキュアダッシュボードには、さまざまなアクセスレベルを持つユーザーのリストがあります。制限なしダッシュボードには、どのダッシュボードユーザーもアクセスできます。
  • レポート - 共有レポートには、それが保存されているカテゴリー/サブカテゴリーを閲覧する権限を持つ任意のユーザーがアクセスできます。
  • コメント - 共有コメントには、それが付加されているレポートを閲覧する権限を持つ任意のユーザーがアクセスできます。
  • 注釈 - 共有注釈には、それが付加されているレポート/ビュー/組織を閲覧する権限を持つ任意のユーザーがアクセスできます。
  • ディスカッション - 共有ディスカッションには、ディスカッションエリアを閲覧する権限を持つ任意のユーザーがアクセスできます。

Q

用語

説明

クエリー(Query)

Yellowfinが生成しデータベースに送信するSQLリクエストです。レポートにどの結果が必要かを定義します。

R

用語

説明

ラスターマップ

Yellowfinで作成されたヒートマップに基づいたイメージです。マップ自体は、ラスタイメージ(形状を用いて作成されたベクタイメージではなく、ピクセルを用いて作成される)に基づいています。Yellowfinは、ヒートマップを作成するために、参照コードを使用して一意のHEXコードの色をソースデータベース内のデータに結合します。GIF、JPEG、およびPNGラスタイメージファイルが受容されます。
詳細については、ラスターマップを参照してください。

関連レポート(Related Report)

Yellowfinでは、レポート間の関係を作成できます。関連レポートは、ドリルスルーまたはマルチ表示表示のいずれかの形式になります。
詳細については、レポートビルダー - 「関連レポート」ステップを参照してください。

レポート(Report)

Yellowfinに表示されるSQLクエリーの結果です。表示は、テーブルまたはグラフもしくはその両方の形式です。
詳細については、レポートビルダーを参照してください。

レポート作成者(Report Writer)

ユーザーです。システムでレポートおよびグラフを作成する責任を負う

ロール(Role)

システムのユーザーに割り当てられるように設計された権限と機能のセットです。異なるタイプのユーザーごとに異なるロールを作成する必要があります。Yellowfinでは、初期インストールとともにサンプルロールが提供されています。
詳細については、ロールを参照してください。

ロールバック(Rollback)

これによりユーザーは、ビューなどのコンテンツを以前のバージョンに戻すことができます。ロールバックを使用可能にするには、複製編集メソッドを使用している必要があります。
詳細については、ビュー管理を参照してください。

S

用語

説明

目盛り(Scale)

グラフのy軸のコントロールで、最初と最後の値と、使用される増分を決定します。
詳細については、グラフの書式を参照してください。

セクション(Section)

セクションを使用して、レポートをサブレポートに分割できます。テーブルまたはグラフもしくは両方が、全体で1つではなく、セクションごとに1つずつになるように分割されます。
詳細については、セクションを参照してください。

ソース接続(Source Connection)

管理者によって作成されるコンテンツの一部で、レポートするデータソースにアクセスする方法を定義します。
詳細については、データソースを参照してください。

ソースフィルター(Source Filter)

レポートを実行しているユーザーに基づいてレポートに適用されるフィルターです。つまり、ユーザーは常に、ソースフィルターを通じてそのユーザーに割り当てられたデータを閲覧します。
詳細については、ソースアクセスフィルターを参照してください。

サブカテゴリー(Sub Category)

レポートカテゴリーに存在するフォルダーで、レポートが含まれます。アクセスと使用可能な機能を制限するために、セキュリティはこのレベルで適用されます。
詳細については、コンテンツカテゴリーを参照してください。

合計(Sum)

この集計すべてのフィールドの値を合算し、合計を返します。
詳細については、集計を参照してください。

SQL

Structured Query Language。Yellowfinで、データベースから結果を取得するために使用している言語です。結果はテーブルまたはグラフもしくはその両方で返されます。
詳細については、http://www.w3schools.com/sql/を参照してください。

接尾文字(Suffix)

フィールドの値の後に表示される記号または文字です。よく使用される接尾文字は、%です。接頭文字は、ビューレポート、およびグラフレベルで定義できます。

T

用語

説明

タグ(Tag)

検索を容易にするためのコンテンツのインデックス付けに使用されます。

U

用語

説明

ユーザー(User)

ユーザーにYellowfinシステムへのアクセスを許可するために作成されたアカウントです。
詳細については、ユーザーを参照してください。

ユーザープロンプト(User Prompt)

ユーザーが1つ以上の値を入力してレポート結果を制限する必要のあるフィルターのタイプの1つです。
詳細については、フィルターを参照してください。

V

用語

説明

ビュー(View)

管理者によって作成されるメタデータ層で、レポート作成者が使用可能なフィールドSQLクエリーを生成するために必要な結合ロジックを定義するレポートビルダーと、データソース接続との間に存在します。
詳細については、ビューを参照してください。

仮想テーブル(Virtual Table)

管理者がSQLクエリーを入力し、結果をビュー内のテーブルとして処理できるビューコンポーネントです。
詳細については、仮想テーブルを参照してください。

W

用語

説明

Webサービス(Web Service)

Webサービスは、OEMアプリケーションとYellowfinとの間の通信を管理するために使用されます。Webサービスは、XMLベースで、OEMアプリケーションを開発するために使用されたプログラミング言語には依存しません。

What If

What-If分析(仮説分析)は、シナリオをテストするためにパラメーターと計算フィールドを使用するレポートを作成する方法です。
詳細については、What-If分析(仮説分析)を参照してください。

WMS

Web Map Service。WMSレイヤーは、WMSサーバーから読み込まれたジオリファレンスマップイメージです。YellowfinGISマップの背景やオーバーレイとして使用されます。
詳細については、WMSレイヤーを参照してください。

X

Term

Description

XML

Extensible Markup Language。XMLは、HTMLと同様のマークアップ言語で、HTMLによってその表示方法が設計されているデータを伝送する方法として設計されました。Yellowfinは、この言語を使用して、 レポートとその他のコンテンツ定義を伝送するエクスポートファイルを作成します。
詳細については、リポジトリのエクスポートとインポートを参照してください。

Y

用語

説明

Yellowfin

Yellowfinは、ドラッグ&ドロップインターフェースを備え、コンピュータの知識のないユーザーでも簡単にご利用になれるソフトウェアです。これを使えば、特別なコーディングの知識なしに複数のデータベースの情報にアクセスできます。複雑な技術的知識なしで、ユーザーが慣れ親しんでいるビジネス用語でデータを扱うことが可能です。
詳細については、http://www.japan.yellowfin.bi/を参照してください。

Z

用語

説明

Z Chart

そのままの値、累積合計、移動合計の形式で、指定した期間の傾向を表示るグラフのタイプです。
詳細については、Zグラフを参照してください。