Skip to end of metadata
Go to start of metadata

概要

Yellowfinは、ドラッグ&ドロップインターフェースを備え、コンピュータの知識のないユーザーでも簡単にご利用になれるソフトウェアです。

データはどこから?

Yellowfinでは、管理者が設定したソース接続によってデータに接続します。上級ユーザーはこれらのデータからビューを設計および作成します。ビューは、データベースでの関係とフィールドの可用性を指定するために使用される、メタデータレイヤーです。

ビューにより提供されるフィールドを使用すれば、レポート作成者は、データベースの関係を技術的にすべて理解していなくてもレポートを作成できます。また、レポート作成者は、インターフェースをドラッグ&ドロップして、コンテンツを自由に作成できます。

ユーザーがレポートを実行すると、レポートはビューで定義されたロジックを使用し、ソース接続を使用してデータベースに接続して、結果を返します。

レポートで実行できること

レポート作成者はYellowfinを使用してさまざまなタイプのレポートを作成できます。レポートのタイプには、基本的なテーブル形式レポート、グラフ、およびKPIから、高度な地図や複数ソースの結果を組み合わせることができるレポートまであります。

レポートでは以下のような機能を使用できます:

  1. ドリルダウン- 画面操作により、高レベルのデータの概要から取引別の詳細までレポート内を移動できます。
  2. アラート- レポートでは、レポート作成者が定義したルールに基づいて強調表示することによって、ユーザーの注意を値に向けることができます。
  3. 計算- レポートには基本的な計算から非常に複雑な計算まで含めることができます。計算は「ビュー」または「レポート」で定義できます。
  4. フィルター- フィルター - レポートでは、Report WriterまたはReport Readerが定義したフィルターを使用して、返される結果を制限できます。
  5. グラフ - レポートには、レポートビルダーで定義した広範なグラフを含めることができます。これにより、ユーザーはテーブル形式以外でデータを表示できます。
  6. KPI &サマリー - レポートには、重要な値に迅速にアクセスできるKPIまたはサマリーを含めることができます。ユーザーはそこからさらに詳しく調べることができます。

はじめに

はじめに ページに移動して、Yellowfinの使用を開始してください。