お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

概要

Yellowfinは、コーポレートフォントを選択できるようにすることで、製品ブランドのカスタマイズを可能にします。また、コンテンツに表示するフォントを、簡単に選択できます。これには、レポート詳細、表、グラフ、ダッシュボード、PDFエクスポートに適用するフォントが含まれます。



そのまま使用できるフォント

Yellowfinは、日本語、中国語、アラビア語などを含む、すべての主要な言語で一般的なフォントを含み、ユーザーのブラウザに自動的に組み込みます。これにより、フォントを表示するために、各マシン、またはサーバにフォントファイルのコピーを導入する必要がありません。そのまま使用できる様々なフォントから、選択するだけです。

コンテンツのフォントは、デフォルトでLibre Franklinに設定されていますが、これは管理モジュールから簡単に変更することができます。手順は、こちらをクリックして、ご確認ください。



カスタムフォント

システムは、カスタムフォントファイルのアップロードを可能にします。システム管理者は、プラグイン管理にフォントファイルをドロップすることで、任意のフォントを手動でインポートすることができます。より詳細な情報は、こちらを参照してください。

これに加えて、Javaフォントディレクトリに追加されたフォントも、Yellowfinでサポートされます。




デフォルトフォントの選択

システム管理者は、Yellowfinのすべてのコンテンツにデフォルトフォントを選択することができます。また、すべてのレポートタイトルのフォントを指定するなど、システム構成から、さらなるコンテンツのスタイリングを指定することができます。選択されたデフォルトフォントは、ユーザーが任意のレポートで異なるフォントを選択するなど、特定のコンテンツレベルで変更されない限り、すべてのコンテンツで一貫して表示されます。

Yellowfinのフォント設定一覧は、サポートしている主要な言語別にカテゴリー分けされた多数の一般的なフォントと、カスタムフォント項目を表示します。例:プラグイン管理からユーザーが手動でインポートしたフォントや、Javaフォントディレクトリに追加されたフォントなど

  1. 管理」>「コンテンツ設定」に移動します。




  2. レポート設定」ページで、「フォント」項目を展開します。




  3. 一覧から、デフォルトフォントに設定するフォントを選択します。




  4. フォントのサンプルテキストが表示されます。
  5. オプション:フォントのスタイリングをさらにカスタマイズする場合は、「スタイル」項目を展開し、対象のコンテンツレベルを選択して、フォントタイプを指定します。
  6. 保存」ボタンをクリックし、選択したフォントをすべてのコンテンツに適用します。
  7. 注意:こちらで指定したすべてのコンテンツスタイリングは、コンテンツレベルで実行されたスタイリングにより上書きされます。そのため、ユーザーがレポートビルダーでレポートデータのフォントを変更した場合、そのスタイリングが対象のレポートで使用されます。

カスタムフォントの追加

Yellowfinで使用するフォントファイルを、システムに追加することができます。こちらの項目で、その手順を紹介します。

ヒント:手動でフォントをインポートする場合は、以下について確認しましょう。

  • ファイル内のフォント名を確認するために、必ず各フォントファイルを開きましょう。特に、インターネットからダウンロードしたファイルには注意が必要です。これにより、フォントファイルが間違ったフォント名が保存されていないことを確認します。
  • 通常バージョンのフォント以外に、太字や斜体も忘れずにインポートしましょう。インポートしない場合、これらのスタイルは表示されません。
  • 文字の濃さは、現状プラグイン管理ではサポートされていません。
  1. 管理」>「プラグイン管理」に移動します。
  2. 追加」ボタンをクリックします。




  3. 表示されたポップアップに、フォントファイルをドラッグします。




  4. このフォントにさらにスタイルを追加する場合は、「+ さらに追加」をクリックし、同様のステップを繰り返します。




  5. フォントの名前と説明を入力し、「送信・実行」をクリックしてアップロードします。




  6. プラグイン管理ページに、対象のフォントが表示されます。



  • No labels