お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

Version 1


ユーザーグループとロールは、こちらの項目で紹介するwebサービスの呼び出しを使用して、作成、または変更をすることができます。

注意:システム構成」ページで「クライアント組織」機能を有効にすることで、特定タイプの呼び出しでは適用可能な場合に、クライアント組織を指定することができます。


ユーザーロール関数

これらの webサービスは、Yellowfinのユーザーロールに特化しています。

LDAP認証を使用する場合、ロールを返すすべてのwebサービスは、LDAPユーザーが最後に正常にログインした時のロールを返します(これは、LDAPユーザーがログインをする度に更新されます)。

 LISTROLES

こちらの関数は、Yellowfinで利用可能なすべてのユーザーロールを返します。応答は、利用可能なロールを表示する、AdministrationRoleオブジェクトの配列を含みます。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

Yellowfin Webサービスの管理者ユーザーIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「LISTROLES」に設定します。


リクエストの例

以下のSOAPの例は、この呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>LISTROLES</function>                           
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE
RolesAdministrationRole[]

ロールの一覧です。


応答の例

サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <roles>
               <functions>
                  <accessLevelCode>CRUD</accessLevelCode>
                  <functionCode>ACTIVITYSTREAM</functionCode>
                  <functionDescription>Allows users to access the activity stream.</functionDescription>
                  <functionName>Activity Stream</functionName>
               </functions>
               <functions>
                  <accessLevelCode>CRUD</accessLevelCode>
                  <functionCode>TIMELINE</functionCode>
                  <functionDescription>Allows users to access their timeline.</functionDescription>
                  <functionName>Timeline</functionName>
               </functions>
               <functions>
                  <accessLevelCode>CRUD</accessLevelCode>
                  <functionCode>BROADCASTSUBSCRIBE</functionCode>
                  <functionDescription>Allows users to subscribe to report broadcasts.</functionDescription>
                  <functionName>Subscribe to Broadcast</functionName>
               </functions>
               <functions>
                  <accessLevelCode>R</accessLevelCode>
                  <functionCode>STORYBOARD</functionCode>
                  <functionDescription>Allows users to view, create, edit or delete Storyboards.</functionDescription>
                  <functionName>Storyboard</functionName>
               </functions>
               <functions>
                  <accessLevelCode>R</accessLevelCode>
                  <functionCode>DASHPUBLIC</functionCode>
                  <functionDescription>Allows users to create and edit Public dashboards.</functionDescription>
                  <functionName>Public Dashboards</functionName>
               </functions>
               <functions>
                  <accessLevelCode>CRUD</accessLevelCode>
                  <functionCode>TASKPERSONAL</functionCode>
                  <functionDescription>Allow users to create and assign tasks to themselves.</functionDescription>
                  <functionName>Personal Tasks</functionName>
               </functions>
               .
               .
               .
               <roleCode>YFADMIN</roleCode>
               <roleDescription>This user has the widest range of access to the system, and as such you should have a very limited number of people assigned this role. They can do everything from create content through to managing system tasks.</roleDescription>
               <roleName>System Administrator</roleName>
            </roles>
            <sessionId>4f86f0e30e30bf4b07dea21267de0a74</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("LISTROLES");
  • リクエストを構成したら、呼び出しを実行します。

    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE
    RolesAdministrationRole[]

    ロールの一覧です。


完成例

以下は、LISTROLES関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_listroles.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザーの詳細を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_listroles.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_listroles.jsp                 */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin webservices admin account
rsr.setPassword("test");                           // change to be the password of the account above
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("LISTROLES");
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success.<br>Available Roles:");
    AdministrationRole[] roles = rs.getRoles();
    for (AdministrationRole role: roles){
        out.write("<br>");
        out.write("<br>Role Name: " + role.getRoleName());
        out.write("<br>Role Code: " + role.getRoleCode());
        out.write("<br>Role Description: " + role.getRoleDescription());
                                   
        // uncomment to display all the security functions:
        /*
        out.write("<br>Function Name | Code | Description | TypeCode | AccessLevelCode");
        for (AdministrationFunction f: role.getFunctions()){
            out.write("<br>"    + f.getFunctionName() + " | "
                                + f.getFunctionCode() + " | "
                                + f.getFunctionDescription() + " | "
                                + f.getFunctionTypeCode() + " | "
                                + f.getAccessLevelCode());
        }
        */
 
    }
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 SAVEROLE

こちらの関数は、新規ロールを作成し、ロール機能を更新します。リクエストは、ロールの詳細を指定するAdministrationRoleオブジェクトと、ロールのAdministrationFunctionの配列を含まなくてはいけません。こちらの関数を、ロールの更新、または新規ロール作成のいずれに使用するかに関わらず、すべてのYellowfinロールは、必須関数であるレポートアクセス(コード:MIREPORT)を要求することに注意してください。MIREPORTには、アクセスレベルコードとして、最低でもR(読み取り)を設定しなくてはいけません。こちらの関数が呼び出される度に、セキュリティ機能は上書きされます。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

Yellowfin Webサービスの管理者ユーザーIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「SAVEROLE」に設定します。

Role

AdministrationRole

追加、または更新されるロールの詳細を含むオブジェクトです。詳細は、以下のを参照してください。


以下は、こちらの関数のAdministrationRoleオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationRole 要素データ型説明

RoleCode

String

既存のロールの内部コードです。既存のロールを更新したい場合は、こちらのパラメーターを必ず含めなくてはいけません。これがデータベース内の既存のロールコードと一致しない場合、既に同名のロールが存在していても、新規ロールとして作成されます。

RoleName

String

(必須)新規、または既存のロールの名前です。RoleCodeに一致する既存のロールを更新する場合、ロールの名前はこちらに設定されます。RoleCodeに一致するものがない場合、コードを生成するためにRoleNameを使用して新しいロールが作成されます。例えば、「Test Role」というRoleNameは、「TESTROLE」というRoleCodeを作成します。既存のロールが既に「TESTROLE」というRoleCodeを持つ場合、新しいRoleCodeは「TESTROLE1」になります。

RoleDescription

String

ロールの説明です。

Functions

AdministrationFunction

セキュリティ機能の一覧を含むオブジェクトです。これらは、SAVEROLE関数を呼び出す度に上書きされます。レポートアクセス関数は必須です。より詳細な情報は、以下のを参照してください。


以下は、こちらのwebサービスのAdministrationFunctionオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationFunction要素データ型説明

FunctionCode

String

セキュリティ機能のコードを指定します。例えば、レポートアクセス関数を含める場合は、MIREPORTと設定します。

AccessLevelCode

String関数のアクセスレベルです。例えば、Rは読み取りを意味します。


以下のSOAPの例は、この呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>SAVEROLE</function>
            <role>
                <roleCode>REPORTWRITER</roleCode>
                <roleName>Report Content Writer</roleName>
                <roleDescription>This role can generate reports.</roleDescription>
                <functions>
                    <functionCode>MIREPORT</functionCode>
                    <accessLevelCode>R</accessLevelCode>
                </functions>
            </role>                          
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <roles>
               <functions>
                  <accessLevelCode>R</accessLevelCode>
                  <functionCode>MIREPORT</functionCode>
               </functions>
               <roleCode>REPORTCONTENTWRITER</roleCode>
               <roleDescription>This role can generate reports.</roleDescription>
               <roleName>Report Content Writer</roleName>
            </roles>
            <sessionId>ceaa85d0ca1eb6057dc4facb0a7a5aa9</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("SAVEROLE");
  • ロールを定義します。

    AdministrationRole role = new AdministrationRole();
  • 既存のロールを変更する場合は、ロールコードが必須になります。

    role.setRoleCode("NEWROLE");          // If you want to create a new role, comment this out.

    ロールコードを指定しない場合は、同名のロールが既に存在していても、新規ロールとして作成されます。


    YellowfinデータベースのOrgRoleテーブルから、ロールコードを取得することができます。(通常これはロール名に基づき、すべて大文字のスペースなしで表現されます。)

  • 既存のロールを変更する場合でもロール名は必須です。ロール名を指定しない場合、呼び出しはこれを空白にします。

    role.setRoleName("New Role");
    role.setRoleDescription("testing");
  • SAVEROLE関数の呼び出す度に、セキュリティ機能の一覧を提供しなくてはいけません。この呼び出しは、ロール機能を上書きます。例えば、2つの機能をロールに割り当てます。レポートアクセス(必須)、アクティビティストリーム(オプション)


    AdministrationFunction[] f = new AdministrationFunction[1];
    f[0] = new AdministrationFunction();
    f[0].setFunctionCode("MIREPORT");
    f[0].setAccessLevelCode("R");
    f[1] = new AdministrationFunction();
    f[1].setFunctionCode("ACTIVITYSTREAM");
    f[1].setAccessLevelCode("CRUD");

    セキュリティ機能を省略できないため、その場合呼び出しはエラーを生成します。

  • ロールにセキュリティ機能を割り当てます。

    role.setFunctions(f);
    rsr.setRole(role);
  • リクエストを構成したら、呼び出しを実行します。

    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE


完成例

以下は、SAVEROLE関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_saverole.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザーの詳細を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_saverole.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_saverole.jsp               */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // change to the password of the account above
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("SAVEROLE");
 
//define a role:
AdministrationRole role = new AdministrationRole();
role.setRoleCode("NEWROLE");
role.setRoleName("New Role");
role.setRoleDescription("testing");
 
AdministrationFunction[] f = new AdministrationFunction[2];
 
f[0] = new AdministrationFunction();
f[0].setFunctionCode("MIREPORT");           // mandatory
f[0].setAccessLevelCode("R");
 
f[1] = new AdministrationFunction();
f[1].setFunctionCode("ACTIVITYSTREAM");              
f[1].setAccessLevelCode("CRUD");
 
 
//Feed the security functions to the role:
role.setFunctions(f);
 
rsr.setRole(role);
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>               
 DELETEROLE

こちらの関数は、指定したユーザーロールを削除します。AdministrationRoleオブジェクトのロールコードを提供することで、対象のロールを識別することができます。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

Yellowfin Webサービスの管理者ユーザーIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「DELETEROLE」に設定します。

Role

AdministrationRole

削除するロールの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。


以下は、AdministrationRoleオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationRole 要素データ型説明

RoleCode

String

削除する既存のロールの内部コードを指定します。


以下のSOAPの例は、この呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>DELETEROLE</function>
            <role>
                <roleCode>REPORTWRITER</roleCode>
            </role>                          
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <roles>
               <roleCode>REPORTWRITER</roleCode>
            </roles>
            <sessionId>6c494a263bb684c1082317d0e1d695eb</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("DELETEROLE");
  • 削除するロールを定義します。

    AdministrationRole role = new AdministrationRole();
    role.setRoleCode("NEWROLE");                     // existing role. Role Codes can be found by calling LISTROLES
                                                     // or retrieved from the Yellowfin database table OrgRole.
    rsr.setRole(role);
  • リクエストを構成したら、呼び出しを実行します。

    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE


完成例

以下は、DELETEROLE関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_deleterole.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、ロールコード値を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_deleterole.jsp」を実行します。

    <%           
    /*              ws_deleterole.jsp                  */
    %>
    <%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
    <%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
    <%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
    <%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
    <%
    AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
    AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin webservices admin account
    rsr.setPassword("test");                           // change to the password of the above account above
    rsr.setOrgId(1);
     
     
    rsr.setFunction("DELETEROLE");
     
     
    AdministrationRole role = new AdministrationRole();
    role.setRoleCode("NEWROLE");
    rsr.setRole(role);
     
    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
     
     
    if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
        out.write("Success");
    } else {
        out.write("Failure");
        out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
    }
    %>




ユーザーグループ関数

ユーザーグループに関連するwebサービスは、以下のように定義されます。

 LISTGROUPS

LISTGROUPS関数は、Yellowfin内の利用可能なすべてのグループを返します。応答には、利用可能なグループを示すAdministrationGroupオブジェクトの配列が含まれます。指定したクライアントに所属するグループの一覧を取得する場合は、呼び出し内でクライアント組織参照IDを渡します。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

Yellowfin Webサービスの管理者ユーザーIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「LISTGROUPS」に設定します。

OrgRefString

指定したクライアントに所属するグループの一覧を取得する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織のグループが返されます。



以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>LISTGROUPS</function>                          
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE
GroupsAdministrationGroup[]グループの一覧です。


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <groups>
               <groupDescription>This group contains all users with the Admin role.</groupDescription>
               <groupId>11950</groupId>
               <groupMembers>
                  <internalId>5</internalId>
                  <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
               </groupMembers>
               <groupMembers>
                  <internalId>13000</internalId>
                  <loginId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</loginId>
               </groupMembers>
               <groupName>Administrators</groupName>
            </groups>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>79d937ead121745d93289f287d55b0ac</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的な呼び出しです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("LISTGROUPS");
  • 指定したクライアントのグループ一覧を取得する場合は、クライアント組織IDを含めます。(こちらを指定しない場合は、デフォルト(プライマリー)組織のグループが表示されます。)


    rsr.setOrgRef("org1");
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE
    GroupsAdministrationGroup[]グループの一覧です。
  • AdministrationGroup.getGroupMembers()を使用することで、各グループのメンバーを取得することができます。これは、AdministrationGroupMemberの配列を取得します。グループにメンバーとしてのユーザーロールが含まれる場合、これは取得されません。getGroupMembers()を介して、ユーザーアカウントのみが取得されます。


完成例

以下は、LISTGROUPS関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_listgroups.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザーの詳細を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_listgroups.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_listgroups.jsp                */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // change to the password of the above account
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("LISTGROUPS");
 
//rsr.setOrgRef("org1");                         // provide org reference if required. Default org groups will be retrieved otherwise
 
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success.<br>Available Groups:");
    AdministrationGroup[] groups = rs.getGroups();
    for (AdministrationGroup group: groups){
        out.write("<br>");
        out.write("<br>Group Name: " + group.getGroupName());
        out.write("<br>Group Id: " + group.getGroupId());
        out.write("<br>Group Description: " + group.getGroupDescription());
        out.write("<br>Group Status: " + group.getGroupStatus());
        out.write("<br>Group Internal Reference: " + group.getGroupInternalReference());
 
 
        // uncomment to display the members:
        /*
        out.write("<br>Members:<br>Login Id | Internal Id ");
        for (AdministrationGroupMember member: group.getGroupMembers()){
            out.write("<br>" + member.getLoginId() + " | " + member.getInternalId() );
        }
        */
    }
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 GETGROUP

指定したユーザーグループを、そのメンバーとともに取得する場合は、こちらの関数を使用します。リクエストには、必ずグループ名を提供しなくてはいけません。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、GETGROUP」に設定します。

Group

AdministrationGroup

取得するユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。

OrgRefString指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明

GroupName

String

その詳細とメンバー一覧を取得するユーザーグループの名前を指定します。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>GETGROUP</function>
            <group>
                <groupName>Administrators</groupName>
            </group>                   
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答の要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE

Group

AdministrationGroup[]

メンバーの一覧を含むグループの詳細です。


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <group>
               <groupDescription>This group contains all users with the Admin role.</groupDescription>
               <groupId>11950</groupId>
               <groupMembers>
                  <internalId>5</internalId>
                  <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
               </groupMembers>
               <groupMembers>
                  <internalId>13000</internalId>
                  <loginId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</loginId>
               </groupMembers>
               <groupName>Administrators</groupName>
               <groupStatus>OPEN</groupStatus>
            </group>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>54c5cf263f323b439c5834d1f6d8b645</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope> 


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("GETGROUP");
  • 指定したクライアント組織のグループ一覧を取得する場合は、クライアント組織IDを含めます。(こちらを指定しない場合は、デフォルト(プライマリー)組織のグループが表示されます)


    rsr.setOrgRef("org1");
  • メンバーを取得するためにユーザーグループの名前を提供します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Administrators");
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

    Group

    AdministrationGroup[]

    メンバー含むグループです。

  • メンバーを取得するためには、以下を使用します。

    AdministrationGroupMember[] members = rs.getGroup().getGroupMembers();

    YellowfinアカウントのIpIdを取得するために、AdministrationGroupMember.getInternalId()を使用することができます。これを、GETUSERBYIPの呼び出しに渡すことで、ユーザーのAdministrationPersonオブジェクトを取得します。

      

完成例

以下は、GETGROUP関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_getgroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_getgroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_getgroup.jsp                 */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // change to the password of the account above
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("GETGROUP");
 
//rsr.setOrgRef("org1");                         // provide org reference ID if required. Default org will be searched otherwise
 
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Administrators");
rsr.setGroup(group);
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success.<br>");
    group = rs.getGroup();
     
    out.write("<br>");
    out.write("<br>Group Name: " + group.getGroupName());
    out.write("<br>Group Id: " + group.getGroupId());
    out.write("<br>Group Description: " + group.getGroupDescription());
    out.write("<br>Group Status: " + group.getGroupStatus());
    out.write("<br>Group Internal Reference: " + group.getGroupInternalReference());
 
 
    // display the members:
    out.write("<br>Members:<br>Login Id | Internal Id ");
    for (AdministrationGroupMember member: group.getGroupMembers()){
        out.write("<br>" + member.getLoginId() + " | "  + member.getInternalId() );
    }
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 GETUSERGROUPS

ユーザーが所属するすべてのユーザーグループを取得するには、こちらの関数を使用します。これは、AdministrationPersonをパラメーターとして受け付け、ユーザーを特定します。応答には、AdministrationGroupオブジェクトの配列が含まれます。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

Yellowfin Webサービスの管理者ユーザーIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「GETUSERGROUPS」に設定します。

PersonAdministrationPerson取得されるグループに所属するユーザーの詳細を含むオブジェクトです。注意:以下の表を参照してください。
OrgRefString

クライアント組織内部参照IDです(オプション)。

特定のクライアントに所属するグループを取得する場合に含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織のグループが返されます。

ParametersString[]

渡されるパラメーター配列内の最初のアイテムであり、返されるAdministrationGroupオブジェクトにAdministrationGroupMemberオブジェクトを含めるかどうかを指示します。trueに設定すると、返されるグループには、すべてのメンバーの情報が含まれます。

例:「TRUE」、または「FALSE」に設定します。大文字と小文字は区別されません。

AdministrationPersonオブジェクトに、以下のいずれかのパラメーターを設定します。

AdministrationPerson要素データ型説明
UserIdString

取得されるグループに所属するユーザーを特定するユーザーIDです。

これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

IpIdString取得されるグループに所属するユーザーのIp IDです。

両方が設定された場合、IpIdがデフォルトで使用されます。



リクエストの例

以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
    <soapenv:Header/>
    <soapenv:Body>
        <web:remoteAdministrationCall>
            <arg0>
                <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
                <password>test</password>
                <orgId>1</orgId>
                <function>GETUSERGROUPS</function>
                <person>
                    <!-- Set one of userId and ipId. If both are set, ipId will be used by default. -->
                    <userId>admin@yellowfin.com.au</userId>
                    <ipId>5</ipId>
                </person>
                <!-- orgRef is optional -->
                <orgRef>org1</orgRef>
                <parameters>
                    <!-- TRUE or FALSE. Case insensitive. -->
                    <string>true</string>
                </parameters>
            </arg0>
        </web:remoteAdministrationCall>
    </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE
GroupsAdministrationGroup[]グループの一覧です。



応答の例

サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    <soapenv:Body>
        <ns1:remoteAdministrationCallResponse soapenv:encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" xmlns:ns1="http://webservices.web.mi.hof.com/">
            <remoteAdministrationCallReturn href="#id0"/>
        </ns1:remoteAdministrationCallResponse>
        <multiRef id="id0" soapenc:root="0" soapenv:encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" xsi:type="ns2:AdministrationServiceResponse" xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" xmlns:ns2="http://service.web.mi.hof.com">
            <binaryAttachments xsi:type="ns2:ArrayOfReportBinaryObject" xsi:nil="true"/>
            <binaryData xsi:type="xsd:string" xsi:nil="true"/>
            <client xsi:type="ns2:AdministrationClientOrg" xsi:nil="true"/>
            <clients xsi:type="ns2:ArrayOfAdministrationClientOrg" xsi:nil="true"/>
            <contentResources xsi:type="ns2:ArrayOfContentResource" xsi:nil="true"/>
            <contentType xsi:type="xsd:string" xsi:nil="true"/>
            <datasources xsi:type="ns2:ArrayOfAdministrationDataSource" xsi:nil="true"/>
            <entityId xsi:type="xsd:int" xsi:nil="true"/>
            <errorCode xsi:type="xsd:int">0</errorCode>
            <fileName xsi:type="xsd:string" xsi:nil="true"/>
            <group xsi:type="ns2:AdministrationGroup" xsi:nil="true"/>
            <groups soapenc:arrayType="ns2:AdministrationGroup[1]" xsi:type="soapenc:Array">
                <groups href="#id1"/></groups>
            <importIssues xsi:type="ns2:ArrayOfImportIssue" xsi:nil="true"/>
            <loadedDataSource xsi:type="ns2:AdministrationDataSource" xsi:nil="true"/>
            <loginSessionId xsi:type="xsd:string" xsi:nil="true"/>
            <messages soapenc:arrayType="soapenc:string[2]" xsi:type="soapenc:Array">
                <messages xsi:type="soapenc:string">Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
                <messages xsi:type="soapenc:string">Web Service Request Complete</messages>
            </messages>
            <parentDashboard xsi:type="ns2:ParentDashboard" xsi:nil="true"/>
            <parentDashboards xsi:type="ns2:ArrayOfParentDashboard" xsi:nil="true"/>
            <parentReportGroups xsi:type="soapenc:Array" xsi:nil="true"/>
            <people xsi:type="ns2:ArrayOfAdministrationPerson" xsi:nil="true"/>
            <person xsi:type="ns2:AdministrationPerson" xsi:nil="true"/>
            <personfavourites xsi:type="ns2:ArrayOfPersonFavourite" xsi:nil="true"/>
            <queryResults xsi:type="ns2:ArrayOfReportRow" xsi:nil="true"/>
            <report xsi:type="ns2:AdministrationReport" xsi:nil="true"/>
            <reportGroups xsi:type="ns2:ArrayOfAdministrationReportGroup" xsi:nil="true"/>
            <reportId xsi:type="xsd:int" xsi:nil="true"/>
            <reports xsi:type="ns2:ArrayOfAdministrationReport" xsi:nil="true"/>
            <roles xsi:type="ns2:ArrayOfAdministrationRole" xsi:nil="true"/>
            <schedule xsi:nil="true"/>
            <schedules xsi:type="ns3:ArrayOfAdministrationSchedule" xsi:nil="true" xmlns:ns3="http://schedule.service.web.mi.hof.com"/>
            <sessionId xsi:type="xsd:string">974c65a870699f6f4059ba54c15ddc6c</sessionId>
            <statusCode xsi:type="xsd:string">SUCCESS</statusCode>
        </multiRef>
        <multiRef id="id1" soapenc:root="0" soapenv:encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" xsi:type="ns4:AdministrationGroup" xmlns:ns4="http://service.web.mi.hof.com" xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/">
            <groupDescription xsi:type="xsd:string">This group contains all users with the Admin role.</groupDescription>
            <groupId xsi:type="xsd:int">11950</groupId>
            <groupInternalReference xsi:type="xsd:string" xsi:nil="true"/>
            <groupMembers soapenc:arrayType="ns4:AdministrationGroupMember[1]" xsi:type="soapenc:Array">
                <groupMembers href="#id2"/></groupMembers>
            <groupName xsi:type="xsd:string">Administrators</groupName>
            <groupStatus xsi:type="xsd:string" xsi:nil="true"/>
        </multiRef>
        <multiRef id="id2" soapenc:root="0" soapenv:encodingStyle="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/" xsi:type="ns5:AdministrationGroupMember" xmlns:ns5="http://service.web.mi.hof.com" xmlns:soapenc="http://schemas.xmlsoap.org/soap/encoding/">
            <internalId xsi:type="xsd:int">5</internalId>
            <loginId xsi:type="xsd:string">admin@yellowfin.com.au</loginId>
        </multiRef>
    </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("GETUSERGROUPS");
  • クライアント組織に特定のグループを取得する場合は、クライアント組織IDを含めます。(こちらを指定しない場合は、デフォルト(プライマリー)組織のグループが表示されます。)


    rsr.setOrgRef("org1");
  • AdministrationPersonオブジェクトを使用して、ユーザーID、またはip IDを提供します。
    AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
    // ap.setUserId("admin@yellowfin.com.au");
    ap.setIpId(1);
    rsr.setPerson(ap);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE
    GroupsAdministrationGroup[]グループの一覧です。
  • AdministrationGroup.getGroupMembers()を使用することで、各グループのメンバーを取得することができます。これは、AdministrationGroupMemberの配列を取得します。グループにメンバーとしてのユーザーロールが含まれる場合、これは取得されません。getGroupMembers()を介して、ユーザーアカウントのみが取得されます。


完成例

以下は、GETUSERGROUPS関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_getusergroups.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザーの詳細を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_getusergroups.jsp」を実行します。


<%
    /*              ws_getusergroups.jsp                */
%>
<%@ page contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationGroup" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationGroupMember" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationPerson" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationServiceRequest" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationServiceResponse" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationServiceService" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationServiceServiceLocator" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.AdministrationServiceSoapBindingStub" %>
<%
    // Adjust host and port number
    AdministrationServiceService adminServiceService = new AdministrationServiceServiceLocator(
            "localhost", 8080,
            "/services/AdministrationService",
            false
    );
    AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) adminServiceService.getAdministrationService();
    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
    // Provide your Yellowfin web services admin account
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    // Change to the password of the above account
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
 
    rsr.setFunction("GETUSERGROUPS");
 
    // Provide org reference if required. Default org groups will be retrieved otherwise
    // rsr.setOrgRef("org1");
 
    // Provide userId or ipId of the user
    AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
    // Set one of userId and ipId. If both are set, ipId will be used by default.
    // ap.setUserId("admin@yellowfin.com.au");
    ap.setIpId(1);
    rsr.setPerson(ap);
 
    // Set the first item in the parameters array as "true" or "false" (String, case insensitive) to indicate
    // whether to include AdministrationGroupMember objects in the returned AdministrationGroup objects.
    // If true, the returned groups will contain the information of all their members.
    rsr.setParameters(new String[]{"TRUE"});
 
    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
    if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode())) {
        out.write("Success.<br><br>Groups which the user belongs to:");
        AdministrationGroup[] groups = rs.getGroups();
        for (AdministrationGroup group : groups) {
            out.write("<br>");
            out.write("<br>Group Name: " + group.getGroupName());
            out.write("<br>Group Id: " + group.getGroupId());
            out.write("<br>Group Description: " + group.getGroupDescription());
            out.write("<br>Group Status: " + group.getGroupStatus());
            out.write("<br>Group Internal Reference: " + group.getGroupInternalReference());
 
            // Uncomment to display the members:
            out.write("<br><br>Members:<br>Login Id | Internal Id ");
            for (AdministrationGroupMember member : group.getGroupMembers()) {
                out.write("<br>" + member.getLoginId() + " | " + member.getInternalId());
            }
        }
    } else {
        out.write("Failure");
        out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
        out.write("<br><br>Messages:");
        for (String msg : rs.getMessages()) {
            out.write("<br>");
            out.write(msg);
        }
    }
%>
 CREATEGROUP

こちらの関数は、指定したクライアント組織(参照IDが提供される場合)、またはデフォルト(プライマリー)組織のいずれかに新規ユーザーグループを作成します。新規グループの詳細は、AdministrationGroupオブジェクトを使用して渡されます。新規グループにメンバーを追加する場合は、AdministrationGroupMemberを介して、グループメンバーの詳細を提供します。(追加するメンバーは、既存のYellowfinユーザーでなくてはいけません)


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「CREATEGROUP」に設定します。

GroupAdministrationGroup追加するユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織に新規グループを追加する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織にグループが作成されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameString新規グループの名前です。
GroupMembersAdministrationGroupMemberグループメンバーの詳細を提供するために使用されるオブジェクトです。以下のを参照してください。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupMemberオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroupMember要素データ型説明
LoginIdString既存のYellowfinユーザーのユーザーIDです。グループに追加するために必要です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>CREATEGROUP</function>
            <group>
                <groupName>Supervisors</groupName>
                <groupMembers>
                    <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
                    <loginId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</loginId>
                </groupMembers>
            </group>                   
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答の要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>b1f1b17d503e1e11c05b72e674bc80ec</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("CREATEGROUP");
  • 指定したクライアントに新規グループを追加する場合は、クライアント組織IDを含めます。(こちらを指定しない場合は、デフォルト(プライマリー)組織にグループが作成されます。)


    rsr.setOrgRef("org1");
  • 新規グループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Test Group");
  • グループにメンバーを含めます。例:


    AdministrationGroupMember[] member = new AdministrationGroupMember[2];
     
    member[0] = new AdministrationGroupMember();
    member[0].setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
     
    member[1] = new AdministrationGroupMember();
    member[1].setLoginId("john.smith@yellowfin.com.au");
     
    group.setGroupMembers(member);
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービスの呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、CREATEGROUP関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_creategroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、グループメンバー、グループ名の詳細を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_creategroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_creategroup.jsp                 */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
rsr.setPassword("test");
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("CREATEGROUP");
 
//Specify client org (if omitted, the group will be created in the default (primary) org):
rsr.setOrgRef("org1");
 
//Set parameters of the new group:
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Test Group");                          // mandatory. Other parameters are optional.
 
//Add members:
AdministrationGroupMember[] member = new AdministrationGroupMember[2];
member[0] = new AdministrationGroupMember();
member[0].setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
 
member[1] = new AdministrationGroupMember();
member[1].setLoginId("john.smith@yellowfin.com.au");
 
group.setGroupMembers(member);
 
rsr.setGroup(group);
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode() );
}
%>
 MODIFYGROUP

こちらの関数は、グループのメンバーを更新するために使用します。このリクエストともにメンバーの一覧が提供される場合、既存のメンバー一覧は上書きされます。そのため、サービスは既存のメンバーをすべて削除し、新しいメンバーを追加します。メンバー一覧が提供されない場合は、グループ内の既存のユーザーすべてが削除されます。 


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「MODIFYGROUP」に設定します。

GroupAdministrationGroup変更するユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringグループの名前です。
GroupMembersAdministrationGroupMemberグループメンバーの詳細を提供するために使用されるオブジェクトです。以下のを参照してください。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupMemberオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroupMember要素データ型説明
LoginIdString既存のYellowfinユーザーのユーザーIDです。グループに追加するために必要です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>MODIFYGROUP</function>
            <group>
                <groupName>Supervisors</groupName>
                <groupMembers>
                    <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
                </groupMembers>
            </group>                   
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答の要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>6589bf668504fd3468e0b43844550a22</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("MODIFYGROUP");
  • クライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織IDを提供します。(こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。)


    rsr.setOrgRef("org1");
  • 新規グループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Test Group");
  • グループにメンバーを含めます。例:


    AdministrationGroupMember[] member = new AdministrationGroupMember[1];
     
    member[0] = new AdministrationGroupMember();
    member[0].setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
     
    group.setGroupMembers(member);
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、MODIFYGROUP関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_modifygroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、グループメンバー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_modifygroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_modifygroup.jsp                */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
 
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
rsr.setPassword("test");
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("MODIFYGROUP");
 
//Specify client org (if omitted, default (primary) org will be searched):
rsr.setOrgRef("org1");
 
//Set parameters of the new group:
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
 
group.setGroupName("Test Group");               // mandatory. Other parameters are optional.
 
 
//Add members:
AdministrationGroupMember[] member = new AdministrationGroupMember[1];
 
member[0] = new AdministrationGroupMember();
member[0].setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
 
group.setGroupMembers(member);
 
rsr.setGroup(group);
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode() );
}
%>
 RENAMEGROUP

こちらの関数は、グループの名前を変更するために使用します。AdministrationGroupオブジェクトと、グループのIDを使用して対象のグループを指定します。グループIDは、Yellowfinのデータベース(AccessGroupテーブルのAccessGroupIdフィールド)、またはグループ名とresponse.getGroup().getGroupId()を取得してGETGROUPを呼び出すことで取得することができます。


リクエスト要素

以下の要素は、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「RENANEGROUP」に設定します。

GroupAdministrationGroup名前を変更するユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織に新規グループを追加する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内にグループが作成されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupIdIntegerグループを識別するための内部IDです。
GroupNameStringグループの新しい名前です。
GroupDescriptionStringグループの説明です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
            <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>RENAMEGROUP</function>
            <group>
               <groupId>13001</groupId>            
                <groupName>Report Creators</groupName>
                <groupDescription>Users of this group will create reports.</groupDescription>
            </group>                   
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答の要素

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>2ca79b1696913aa7a4f8b601ac1641a4</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストです。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("RENAMEGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。(こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。)


    rsr.setOrgRef("org1");
  • 名前を変更するグループを定義します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
  • グループIDを使用して、グループを識別します。


    group.setGroupId(13002);
  • 新しいグループ名と説明を提供します。


    group.setGroupName("Org 1");
    group.setGroupDescription("Organization 1 user group");
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、RENAMEGROUP関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_renamegroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、グループメンバー、グループIDを調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_renamegroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_renamegroup.jsp                */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           //password of the account above
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("RENAMEGROUP");
 
rsr.setOrgRef("org1");                        // provide org reference if required. Default org will be searched otherwise
 
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
 
group.setGroupId(13002);                         // identify the group to rename
group.setGroupName("Org1");                      // new group name
 
group.setGroupDescription("Organization 1 user group");               // new description
 
rsr.setGroup(group);
 
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success.<br>");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 DELETEGROUP

グループ名を提供することで、Yellowfinから既存のユーザーグループを削除する場合は、こちらのwebサービスを呼び出します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「DELETEGROUP」に設定します。

GroupAdministrationGroup削除するユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameString削除するグループの名前です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
           <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
           <password>test</password>
           <orgId>1</orgId>
           <function>DELETEGROUP</function>
           <group>
            <groupName>Admin</groupName>
           </group>         
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>db18f2503e80ca02a9d37da13fc540a5</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • 以下は、こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("DELETEGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


    rsr.setOrgRef("org1");
  • 削除するグループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Test Group");
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、DELETEGROUP関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_deletegroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_deletegroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_deletegroup.jsp                */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // set the password of the above account
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("DELETEGROUP");
 
rsr.setOrgRef("org1");                            // specify a client org reference if required. Or skip this to search through the default org
 
 
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
 
group.setGroupName("Test Group");             // this group must exist in the specified client org
 
 
rsr.setGroup(group);
 
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success.<br>");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 INCLUDEUSERINGROUP

こちらの関数は、指定したYellowfinのユーザーを、指定したユーザーグループに追加する場合に使用します。

こちらのリクエストは、ユーザーを指定するAdministrationPersonオブジェクト、ユーザーグループを定義するAdministrationGroupオブジェクトを要求します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「INCLUDEUSERINGROUP」に設定します。

PersonAdministrationPersonグループに追加するユーザーの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
GroupAdministrationGroup追加するユーザーのユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織内のグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationPersonオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationPerson要素データ型説明
UserIdStringグループに追加する既存のYellowfinユーザーです。これは、ログイン方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringユーザーを追加するグループの名前です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
           <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
           <password>test</password>
           <orgId>1</orgId>
           <function>INCLUDEUSERINGROUP</function>
           <person>
            <userId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</userId>
           </person>
           <group>
            <groupName>Administrators</groupName>
           </group>         
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>a26d9c279a9c1a4f0dfda86424ca4267</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("INCLUDEUSERINGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織を指定します。こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


    rsr.setOrgRef("org1");
  • グループに追加する既存ユーザーを識別するパラメーターを設定します。


    AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
    ap.setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");  // must be an existing Yellowfin user
     
    rsr.setPerson(ap);
  • ユーザーを含めるグループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Administrators");
     
    rsr.setGroup(group); 
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、こちらの関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_includeuseringroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、既存ユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_includeuseringroup.jsp」を実行します。


<%           
/*             ws_includeuseringroup.jsp              */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
 
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // set to password of the above account
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("INCLUDEUSERINGROUP");
 
 
//Specify a client org (if omitted, default (primary) org groups will be searched):
rsr.setOrgRef("org1");
 
 
//Identify a user:
AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
ap.setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");              // must be an existing Yellowfin user
 
rsr.setPerson(ap);
 
 
 
//Specify group to add the user to
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Administrators");                     // must be an existing user group
 
rsr.setGroup(group);
 
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 INCLUDEUSERSINGROUP

こちらの関数は、複数の指定したYellowfinユーザーを、指定したユーザーグループに追加する場合に使用します。

こちらのリクエストは、ユーザーを指定するAdministrationPersonオブジェクト、ユーザーグループを定義するAdministrationGroupオブジェクトを要求します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「INCLUDEUSERSINGROUP」に設定します。

PersonAdministrationPerson[]グループに追加するユーザーの詳細を含むオブジェクト配列です。以下のを参照してください。
GroupAdministrationGroup追加するユーザーのユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織内のグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationPersonオブジェクト配列に設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationPerson要素データ型説明
UserIdStringグループに追加する既存のYellowfinユーザーです。これは、ログイン方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。



以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringユーザーを追加するグループの名前です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
           <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
           <password>test</password>
           <orgId>1</orgId>
           <function>INCLUDEUSERSINGROUP</function>
           <people>
            <userId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</userId>
            <userId>admin@yellowfin.com.au</userId>
           </people>
           <group>
            <groupName>Administrators</groupName>
           </group>         
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>799b3c35c5359c6105586e426f1b9f8c</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("INCLUDEUSERSINGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織を指定します。こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


    rsr.setOrgRef("org1");
  • グループに追加する既存ユーザーを識別するために、パラメーターを設定します。


    AdministrationPerson[] ap = new AdministrationPerson[1];
    ap[0] = new AdministrationPerson();
    ap[0].setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");              // must be an existing Yellowfin user
     
     
    rsr.setPeople(ap);
  • ユーザーを含めるグループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Administrators");                 //must be an existing group
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、こちらの関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_includeusersingroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、既存ユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_includeusersingroup.jsp」を実行します。


<%           
/*             ws_includeusersingroup.jsp              */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
 
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // set to password of the above account
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("INCLUDEUSERINGROUP");
 
 
//Specify a client org (if omitted, default (primary) org groups will be searched):
rsr.setOrgRef("org1");
 
 
//Provide all the users that are to be included:
AdministrationPerson[] ap = new AdministrationPerson[1];
ap[0] = new AdministrationPerson();
ap[0].setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");           // must be an existing Yellowfin user
 
rsr.setPerson(ap);
 
 
 
//Specify group to add the users to
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Administrators");                     // must be an existing user group
 
rsr.setGroup(group);
 
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 EXCLUDEUSERFROMGROUP

こちらの関数は、指定したYellowfinユーザーを、指定したユーザーグループに追加しますが、「含めない」タグが追加されます。ユーザーはグループから削除されるのではなく、除外されたメンバーとして存在することになります。

こちらのリクエストは、ユーザーを指定するAdministrationPersonオブジェクト、ユーザーグループを定義するAdministrationGroupオブジェクトを要求します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「EXCLUDEUSERFROMGROUP」に設定します。

PersonAdministrationPersonグループから除外されるユーザーの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
GroupAdministrationGroupユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織内のグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationPersonオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationPerson要素データ型説明
UserIdStringグループから除外する既存のYellowfinユーザーです。これは、ログイン方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringユーザーを除外するグループの名前です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
           <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
           <password>test</password>
           <orgId>1</orgId>
           <function>EXCLUDEUSERFROMGROUP</function>
           <person>
            <userId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</userId>
           </person>
           <group>
            <groupName>Administrators</groupName>
           </group>                    
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>c15a0993df4f37f4dbff9b3244f41ea2</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("EXCLUDEUSERFROMGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織を指定します。こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


    rsr.setOrgRef("org1");
  • ユーザーを識別するパラメーターを設定します。


    AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
    ap.setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");      // must be an existing Yellowfin user
     
    rsr.setPerson(ap);
  • グループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Administrators");         //must be an existing user group
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、こちらの関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_excludeuserfromgroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、除外するユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_excludeuserfromgroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_ excludeuserfromgroup.jsp               */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
 
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // set the password of the above account
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("EXCLUDEUSERFROMGROUP");
 
 
//Specify the client org (if omitted, the default (primary) org groups will be searched):
 
 
rsr.setOrgRef("org1");
 
 
//Specify a user to exclude:
 
 
AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
ap.setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");          // must be an existing Yellowfin use
 
rsr.setPerson(ap);
 
 
//Specify which group to exclude from:
 
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Administrators");                 // must be an existing user group
 
rsr.setGroup(group);
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 EXCLUDEUSERSFROMGROUP

こちらの関数は、複数の指定したYellowfinユーザーを、指定したユーザーグループに追加しますが、「含めない」タグが追加されます。これらのユーザーはグループから削除されるのではなく、除外されたメンバーとして存在することになります。

こちらのリクエストは、ユーザーを指定するAdministrationPersonオブジェクトの配列、ユーザーグループを定義するAdministrationGroupオブジェクトを要求します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「EXCLUDEUSERSFROMGROUP」に設定します。

PersonAdministrationPerson[]グループから除外されるユーザーの詳細を含むオブジェクト配列です。以下のを参照してください。
GroupAdministrationGroupユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織内のグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationPersonオブジェクト配列に設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationPerson要素データ型説明
UserIdStringグループから除外する既存のYellowfinユーザーです。これは、ログイン方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります


以下は、こちらの関数のために、AdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringユーザーを除外するグループの名前です。


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("EXCLUDEUSERSFROMGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織を指定します。こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


    rsr.setOrgRef("org1");
  • ユーザーを識別するパラメーターを設定します。


    AdministrationPerson[] ap = new AdministrationPerson[1];
    ap[0] = new AdministrationPerson();
    ap[0].setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");   // must be an existing Yellowfin user
     
    rsr.setPerson(ap);
  • グループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Administrators");         //must be an existing user group
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、こちらの関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_excludeusersfromgroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、除外するユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_excludeusersfromgroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_ excludeusersfromgroup.jsp               */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
 
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // set the password of the above account
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("EXCLUDEUSERFROMGROUP");
 
 
//Specify the client org (if omitted, the default (primary) org groups will be searched):
 
 
rsr.setOrgRef("org1");
 
 
//Specify users to exclude:
 
AdministrationPerson[] ap = new AdministrationPerson[1];
ap[0] = new AdministrationPerson();
ap[0].setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");   // must be an existing Yellowfin user
 
rsr.setPerson(ap);
 
 
//Specify which group to exclude from:
 
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Administrators");                 // must be an existing user group
 
rsr.setGroup(group);
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 DELUSERFROMGROUP

こちらの関数は、指定したYellowfinユーザーを、指定したユーザーグループから削除します。こちらを実行することで、対象のユーザーはグループメンバーの一覧に表示されなくなります。

こちらのリクエストは、ユーザーを指定するAdministrationPersonオブジェクト、ユーザーグループを定義するAdministrationGroupオブジェクトを要求します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「DELUSERFROMGROUP」に設定します。

PersonAdministrationPersonグループから削除されるユーザーの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
GroupAdministrationGroupユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
OrgRefString指定したクライアント組織内のグループを検索する場合は、クライアント組織IDを含めます。こちらを指定しない場合は、デフォルト組織内のグループが検索されます。


以下は、こちらの関数のAdministrationPersonオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationPerson要素データ型説明
UserIdStringグループから削除する既存のYellowfinユーザーです。これは、ログイン方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringユーザーを削除するグループの名前です。


以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
           <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
           <password>test</password>
           <orgId>1</orgId>
           <function>DELUSERFROMGROUP</function>
           <person>
            <userId>binish.sheikh@yellowfin.com.au</userId>
           </person>
           <group>
            <groupName>Administrators</groupName>
           </group>                    
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>ed4f6504e415411875b2c359b9384cf9</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("DELUSERFROMGROUP");
  • 指定したクライアント組織に所属するグループを検索する場合は、クライアント組織を指定します。こちらを含めない場合は、デフォルト(プライマリー)組織内のグループが検索されます。


    rsr.setOrgRef("org1");
  • 削除するユーザーを識別するパラメーターを設定します。


    AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
    ap.setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");      // must be an existing Yellowfin user
     
    rsr.setPerson(ap);
  • ユーザーを削除するグループのパラメーターを設定します。


    AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
    group.setGroupName("Administrators");         //must be an existing user group
     
    rsr.setGroup(group);
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

    応答要素データ型説明

    StatusCode

    String

    Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

    • SUCCESS
    • FAILURE

完成例

以下は、こちらの関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_deluserfromgroup.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、削除するユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_deluserfromgroup.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_ deluserfromgroup.jsp               */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
AdministrationServiceService s_adm = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost",8080, "/services/AdministrationService", false);        // adjust host and port number
 
AdministrationServiceSoapBindingStub adminService = (AdministrationServiceSoapBindingStub) s_adm.getAdministrationService();
 
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");          // provide your Yellowfin web services admin account
rsr.setPassword("test");                           // set the password of the above account
 
rsr.setOrgId(1);
 
rsr.setFunction("DELUSERFROMGROUP");
 
 
//Specify the client org (if omitted, the default (primary) org groups will be searched):
 
 
rsr.setOrgRef("org1");
 
 
//Specify a user to remove from a group:
 
 
AdministrationPerson ap = new AdministrationPerson();
ap.setUserId("john.smith@yellowfin.com.au");          // must be an existing Yellowfin use
 
rsr.setPerson(ap);
 
 
//Specify which group to remove user from:
 
AdministrationGroup group = new AdministrationGroup();
group.setGroupName("Administrators");                 // must be an existing user group
 
rsr.setGroup(group);
 
AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);
 
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode()) ) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(" Code: " + rs.getErrorCode());
}
%>
 ASSIGNDEFAULTDASHBOARD

こちらの関数は、特定のダッシュボードを指定したユーザーグループのデフォルトダッシュボードとして設定するために使用します。ダッシュボードを指定するためにContentResourceオブジェクト、ユーザーグループを識別するためにAdministrationGroupオブジェクトを使用します。


リクエストパラメーター

以下のパラメーターは、こちらのリクエストとともに渡されます。

リクエスト要素データ型説明

LoginId

String

ログインをして、この関数を実行する、Webサービス管理者ユーザーのIDです。これは、ログインIDの方法に応じて、ユーザーID、または電子メールアドレスになります。

このYellowfinアカウントは、「Yellowfin Webサービス使用権」が有効化されたロールを持ち、デフォルト(プライマリー)組織に所属していなくてはいけません。

Password

String

上記アカウントのパスワードです。

OrgId

Integer

Yellowfin内のデフォルト(プライマリー)組織IDです。常に、「1」に設定します。

Function

String

Webサービス関数です。こちらは、「ASSIGNDEFAULTDASHBOARD」に設定します。

GroupAdministrationGroupユーザーグループの詳細を含むオブジェクトです。以下のを参照してください。
ContentResourceContentResource[]

グループのデフォルトに設定するダッシュボードの詳細を含むオブジェクト配列です。以下のを参照してください。


以下は、こちらの関数のAdministrationGroupオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

AdministrationGroup要素データ型説明
GroupNameStringデフォルトダッシュボードを設定するグループの名前です。
GroupIdIntegerユーザーグループに一意のIDです。


以下は、こちらの関数のContentResourceオブジェクトに設定しなくてはいけない主要なパラメーターです。

ContentResource要素データ型説明
ResourceIdIntegerダッシュボードのIDです。
ResourceTypeString固定値「GROUP」に設定しなくてはいけません。この値が正しく設定されていない要素は無視されます。


リクエストの例

以下のSOAPの例は、こちらの呼び出しに渡すことのできるパラメーターを表示しています。

<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:web="http://webservices.web.mi.hof.com/">
   <soapenv:Header/>
   <soapenv:Body>
      <web:remoteAdministrationCall>
         <arg0>
          <loginId>admin@yellowfin.com.au</loginId>
            <password>test</password>
            <orgId>1</orgId>
            <function>ASSIGNDEFAULTDASHBOARD</function>
            <group>
                <groupName>Administrators</groupName>
                <groupId>11950</groupId>
            </group>
            <contentResources>
                <resourceId>61251</resourceId>
                <ResourceType>GROUP</ResourceType>
            </contentResources>
         </arg0>
      </web:remoteAdministrationCall>
   </soapenv:Body>
</soapenv:Envelope>


応答のパラメーター

返される応答には、これらのパラメーターが含まれます。

応答要素データ型説明

StatusCode

String

Webサービス呼び出しのステータスです。値の選択肢は、以下の通りです。

  • SUCCESS
  • FAILURE


応答の例

サービスは、今回のSOAPの例に基づき、以下の応答を返します。

<S:Envelope xmlns:S="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/">
   <S:Body>
      <ns2:remoteAdministrationCallResponse xmlns:ns2="http://webservices.web.mi.hof.com/">
         <return>
            <errorCode>0</errorCode>
            <messages>Successfully Authenticated User: admin@yellowfin.com.au</messages>
            <messages>Web Service Request Complete</messages>
            <sessionId>7b5510bf9919823f6067747b5d305984</sessionId>
            <statusCode>SUCCESS</statusCode>
         </return>
      </ns2:remoteAdministrationCallResponse>
   </S:Body>
</S:Envelope>


手順

Javaの例を使用して、こちらの呼び出しを実行するための詳細な手順は、以下を参照してください。

 詳細手順
  • こちらの関数の基礎的なリクエストから開始します。

    AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
     
    rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
    rsr.setPassword("test");
    rsr.setOrgId(1);
     
    rsr.setFunction("ASSIGNDEFAULTDASHBOARD");
  • AdministrationGroupオブジェクトを使用して、グループを指定します。


    AdministrationGroup administrationGroup = new AdministrationGroup();
    administrationGroup.setGroupName("Administrators");
    administrationGroup.setGroupId(11950);
  • ContentResourceオブジェクトを使用して、ダッシュボードを指定します。


    ContentResource dashboardContentResource = new ContentResource();
    dashboardContentResource.setResourceId(61195);
    dashboardContentResource.setResourceType("GROUP");
  • こちらのオブジェクトをリクエストに設定します。


    rsr.setContentResources(new ContentResource[] { dashboardContentResource });
  • リクエストの構成が完了したら、呼び出しを実行します。


    AdministrationServiceResponse rs = adminService.remoteAdministrationCall(rsr);

    管理Webサービスを初期化します。実行方法の詳細は、こちらを参照してください。


  • 返される応答には、StatusCodeパラメーターが含まれます。より詳細な情報は、上記応答のパラメーターの表を参照してください。

完成例

以下は、こちらの関数の完成例です。こちらを使用するには、以下の手順に従います。

  1. コードをコピーして、「ws_assigndefaultdashboard.jsp」として保存します。
  2. root(Yellowfin/appserver/webapps/ROOT)フォルダーにファイルを配置します。
  3. 環境に応じて、ホスト、ポート番号、管理ユーザー、削除するユーザー、グループ名を調整します。
  4. インターネットブラウザから、「http://<host>:<port>/ws_assigndefaultdashboard.jsp」を実行します。


<%           
/*              ws_assigndefaultdashboard.jsp               */
%>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8" %>
<%@ page import="com.hof.util.*, java.util.*, java.text.*" %>
<%@ page import="com.hof.web.form.*" %>
<%@ page import="com.hof.mi.web.service.*" %>
<%
 
AdministrationServiceResponse rs = null;
AdministrationServiceRequest rsr = new AdministrationServiceRequest();
AdministrationServiceService ts = new AdministrationServiceServiceLocator("localhost", 8080, "/services/AdministrationService", false);
AdministrationServiceSoapBindingStub rssbs = (AdministrationServiceSoapBindingStub) ts.getAdministrationService();
 
rsr.setLoginId("admin@yellowfin.com.au");
rsr.setPassword("test");
rsr.setOrgId(new Integer(1));
rsr.setFunction("ASSIGNDEFAULTDASHBOARD");
     
// This is the group
AdministrationGroup administrationGroup = new AdministrationGroup();
administrationGroup.setGroupName("Administrators");
administrationGroup.setGroupId(11950);
     
rsr.setGroup(administrationGroup);
 
// This is the Dashboard
ContentResource dashboardContentResource = new ContentResource();
dashboardContentResource.setResourceId(61195);
dashboardContentResource.setResourceType("GROUP");
     
rsr.setContentResources(new ContentResource[] { dashboardContentResource });
     
rs = rssbs.remoteAdministrationCall(rsr);
 
if ("SUCCESS".equals(rs.getStatusCode())) {
    out.write("Success");
} else {
    out.write("Failure");
    out.write(rs.toString());
}
%>






  • No labels