お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

概要



レポートには複数のブロードキャストスケジュールを設定できます。これにより、同じレポートに異なるスケジュールと閲覧者を指定できます。ブロードキャストを有効にすると、「ブロードキャスト」メニューで、レポートを定期的に配信するようにスケジュールできます。


注意:ブロードキャストするレポートは有効化されている必要があります。


ブロードキャストのタイプ

3つの配信タイプが使用可能です。

ブロードキャストタイプ説明
ブロードキャスト(購読、または電子メールブロードキャスト)

電子メールでレポート結果をユーザーに送信します。購読は、レポートを作成したユーザーにのみ送信します。

FTPスケジュール

FTPを使ってレポート結果を渡します。

ディスクに保存スケジュールレポートを定期的にローカルサーバのディスクに保存します。サーバパス(またはUNCパス)を管理項目で指定します。


ブロードキャストの有効化


Yellowfinでブロードキャスト機能を使用するには、次が有効になっている必要あります。


  1. 管理者は、データソース接続のブロードキャストを有効にする必要があります。
    1. 管理」>「管理コンソール」>「データソース」に移動し、適切なデータソースを選択します。
    2. 接続ページで「パラメーター」項目を展開し、「ブロードキャスト」トグルを有効にします。



    3. 次に「接続設定」項目を展開し、認証アダプター項目が「Pass-through Authentication」ではないことを確認します。(もし設定されている場合は、ブロードキャストが無効化されるため、「Standard Authentication」に変更してください。)

    4. 保存」ボタンをクリックします。

  2. 管理者は、ブロードキャストロール権限を必要としているユーザーロールに対して、同ロール権限を有効にする必要があります。これには、次の2つが含まれます。
    1. ブロードキャストレポート発行権(レポートメニュー項目配下):購読、または電子メールブロードキャストに必要です。

    2. ブロードキャストレポート保存設定権(レポートビルダー項目配下):ディスクに保存スケジュールに必要です。



  3. レポート作成者は、レポートのブロードキャストを有効にする必要があります。



    詳細については、「レポート」メニューおよび「編集」メニューを参照してください。