お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

概要


レポートの「保存」メニューには、レポートに適用できる様々な設定があります。



各項目について、以下で説明します。



詳細



オプション説明
名前レポートの名前を入力します。
説明ユーザーに、目的やコンテンツを理解しやすくするために、レポートの説明を入力します。
フォルダーレポートを保存するフォルダーを選択します。アクセス権のあるフォルダーのみ選択することができます。
サブフォルダーレポートを保存するサブフォルダーを選択します。サブフォルダーには、レポートに影響するセキュリティや更新設定が適用されていることがあります。
タグ検索を容易にするために、レポートにタグを適用します。
レポートアクセス

レポートレベルでは、以下の2つのアクセス権限オプションを使用することができます。

  • 公開:フォルダーへのアクセス権限のあるすべてのユーザーが、このレポートを参照することができます。
  • 非公開:レポート作成者は、レポートにアクセスできるユーザーを割り当てることができます。

    レポート作成者に権限が付与されている場合、ユーザーアクセスタブから、指定したユーザーに非公開レポートを共有できます。システム管理者は、「非公開コンテンツ配信権」ロール権限を無効にすることで、レポート作成者の非公開レポートの共有を制限することができます。



ユーザーアクセス



オプション説明
ユーザーアクセス一覧レポートを「個人用」に設定した場合、レポート作成者は、レポートを参照できるユーザーと、各ユーザーに適用するアクセスレベルを定義することができます。




配信



オプション説明
購読

ユーザーが、このレポートを購読できるか、できないかを選択します。

より詳細な情報は、ブロードキャストを参照してください。

ブロードキャスト

ユーザーが、このレポートを他のユーザーへブロードキャスト配信できるか、できないかを選択します。

より詳細な情報は、ブロードキャストを参照してください。

Webサービスユーザーが、このレポートをWebサービス経由で呼び出すことができるか、できないかを選択します。
Webサービス名Webサービス経由で呼び出すために使用するレポートの名前を入力します。
電子メール

ユーザーが、このレポートを電子メールを介して配信できるか、できないかを選択します。

より詳細な情報は、共有を参照してください。

電子メールとブロードキャストのセキュリティ

こちらの設定では、フォルダーへのアクセス権のないユーザーへ、電子メールを介し、レポートを配信できるか、できないかを指定することができます。使用できるオプションは、以下の通りです。

  • 許可されたユーザー:フォルダーとレポートへアクセス権をもつユーザのみ、レポートを電子メールで受け取ることができます。送信に際して、配信先ユーザーのアクセス権が検証されます。
  • すべてのユーザー:システムに登録されているすべてのユーザーが、電子メールでレポートを受け取ることができます。
  • 制限なし:システムに登録されていないユーザーも、電子メールでレポートを受け取ることができます。



レポート設定



オプション説明
閲覧ページ閲覧ページに、このレポートを表示するか、非表示にするかを選択します。レポート作成者が、ドリルスルー、ダッシュボード、ストーリーボードからレポートへアクセスしてほしい場合、レポートを閲覧ページから非表示にすることができます。
ダッシュボードダッシュボードにレポートを表示するか、非表示にするかを選択します。詳細すぎるレポートは、ダッシュボードから非表示にした方がよいかもしれません。
ビューとして使用他のレポートを作成するために、このレポートをビューとして使用できるか、できないかを選択します。
アクセスフィルターこのレポートを、アクセスフィルターレコードの登録用に使用するか、しないかを選択します。



更新



オプション説明
更新の設定

レポートの中には、自動的に更新されず、手動でデータを更新しなくてはいけない場合があります。レポートが自動的に更新されない場合、レポート参照時のデータは最新ではないかもしれません。その場合、メニューバーには、最新更新日時が表示されます。以下の3つの更新オプションを使用することができます。

  • なし:このレポートに更新スケジュールを設定せず、レポート実行時にデータを更新します。
  • 手動:このレポートのデータは、ユーザーが必要に応じて、手動で更新します。
  • 期間:このレポートのデータは、スケジュールに基づき、更新されます。

更新の設定で「期間」を選択した場合は、以下のオプションを定義しなくてはいけません。


より詳細な情報は、レポートデータの更新を参照してください。


  • No labels