お手元のデータで実際の動きを確認したい場合は、無料評価版をお試しください。

概要

グラフは、表やクロス集計表をグラフィックで表現したものです。Yellowfinには、非常に強力で、使いやすいグラフ機能があり、洗練された、魅力的なグラフを作成することで、データのサマリーを表示したり、データ内の複雑な関係性を示すことができます。

 

Yellowfinでは、レポートに使用するデータを選択すると、グラフに使用する属性を変更するだけで、様々な形式でデータを可視化することができます。

 

ビルダーコンポーネント

#機能/パネル説明

1.

ナビゲーション

ナビゲーションバーからリンクをクリックすることで、ビルダーの様々なステップにアクセスすることができます。レポートの作成が完了していなくても、作成プロセスを通して、レポートリンクからレポートを保存することができます、より詳細な情報は、レポート&編集メニューを参照してください。

2.

レポートフィールドの検索

レポートビルダーのデータステップで追加されたすべてのフィールドにアクセスすることで、グラフに使用するフィールドを検索することができます。より詳細な情報は、データを参照してください。

3.

レポートのディメンション(次元)フィールド

レポートビルダーのデータステップで追加されたすべてのフィールドにアクセスをすることで、グラフに使用するディメンション(次元)フィールドを選択します。より詳細な情報は、データを参照してください。

4.

レポートのメトリック(数値)フィールド

レポートビルダーのデータステップで追加されたすべてのフィールドにアクセスをすることで、グラフに使用するメトリック(数値)フィールドを選択します。より詳細な情報は、データを参照してください。

5.機能データに適用する機能を選択します。

6.

高度な関数

グラフで使用するフィールドに、高度な関数を適用することができます。より詳細な情報は、高度な関数を参照してください。

7.

おまかせグラフ/グラフの種類を選択

おまかせグラフと、グラフ選択一覧を切り替えることができます。おまかせグラフは、指定したグラフの種類ではなく、ビルダーにドラッグしたフィールドに基づいてグラフを生成します。

おまかせグラフを使用しない場合、こちらの項目には、現在使用されているグラフのタイプが表示されます。

8.

横軸フィールド

横軸に使用するフィールドです。グラフの種類に応じて、複数のフィールドを使用することができます。より詳細な情報は、グラフコンポーネントを参照してください。

9.

縦軸フィールド

縦軸に使用するフィールドです。グラフの種類に応じて、複数のフィールドを使用することができます。より詳細な情報は、グラフコンポーネントを参照してください。

10.

色フィールド

色に使用するフィールドです。グラフの種類に応じて、メトリック(数値)、またはディメンション(次元)フィールドが必要になります。より詳細な情報は、グラフコンポーネントを参照してください。

11.

サイズフィールド

サイズに使用するフィールドです。使用されるフィールドは、メトリック(数値)フィールド、もしくは集約されたディメンション(次元)フィールドでなくてはいけません。より詳細な情報は、グラフコンポーネントを参照してください。

12.

自動再描画

ページの自動再描画を無効/有効にします。

13.

グラフのサムネイル

こちらのボタンをクリックすることで、同一の結果セットに基づく別のグラフを作成することができます。より詳細な情報は、マルチグラフを参照してください。

14.

グラフ追加ボタン

このボタンを使用して、同じ結果セットに基づく別のグラフを作成できます。詳細については、マルチグラフを参照してください。

15.

書式メニュー

ナビゲーションバーのこちらの項目から、様々な書式メニューにアクセスすることができます。こちらからグラフの要素に書式変更を適用し、表示をプレビューすることができます。より詳細な情報は、グラフの書式を参照してください。

16.

ビルダーを閉じるボタン

こちらのボタンを使用して、ビルダーを閉じます。

17.

グラフの選択

使用するグラフの種類を選択します。より詳細な情報は、グラフタイプの選択を参照してください。

18.JavaScript グラフこちらのアイコンをクリックして、JavaScript グラフを作成します。より詳細な情報は、JavaScript グラフを参照してください。

19.

グラフのプレビュー

最終的に表示されるグラフのプレビューを確認することができます。こちらのプレビューには、シリーズ選択、日付スライダー、ナビゲーションのような、インタラクション機能は表示されません。

注意:選択したグラフのタイプに応じて、表示されるコンポーネントは異なります。今回の例では、標準的な散布図を選択することで、最も共通のコンポーネントである、横軸、縦軸、色、サイズ、アニメーション、について説明しました。