CSVファイルのロード

CSVファイルをインポートする前に、インポート機能が有効になっていることと、CSVファイルが準備されていることを確認してください。

より詳細な情報は、CSVデータのインポートを参照してください。

作成

ビュービルダーを使用してCSVファイルをインポートするには、まずビュービルダーを開きます。

1.「管理」>「管理コンソール」に移動し、「ビュー」項目を展開して、CSVファイルをインポートするビューを選択します。

注意:選択するビューは、書き込み可能なデータベースから作成されていなくてはいけません。

2.ビューを編集して、ビュービルダーのステップ1にアクセスします。

3.画面左のデータベーステーブル一覧下部にある「CSVテーブルを追加」をクリックします。

ロード

CSVファイルステップが表示されるので、CSVファイルを配置して、読み込みます。

1.「ファイルを参照」か、CSVイメージをクリックして対象のCSVファイルを配置するか、CSVファイルを「ここにCSVファイルをドラッグ」にドラッグします。

2.対象のCSVファイルを選択すると、アップロードされたことが確認できます。

3.高度な設定の権限があれば、「高度な設定」をクリックすることで、設定をすることができます。権限がない場合は、手順4に進みます。

高度な設定は、以下の通りです。

  • フィールドの区切り - フィールドの区切り文字にカンマを使用しない場合、値を区切る際に使用する文字を指定します。「その他」を選択した場合は、独自の文字を入力することができます。
  • 精度-フィールドタイプやサイズを定義するために、Yellowfinが検査するCSVのロウ(行)数を定義します。
    • 低精度は高速であり、ファイルの先頭1000行しか検査しません。
    • 高精度はすべてのロウ(行)を検査するため、ファイルサイズに応じて、より時間がかかります。

4.設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックして、プレビューステップに進みます。


データの設定


ファイルを選択し、必要な設定を定義すると、CSVデータステップに移動します。こちらでは、カラム(列)タイトル、CSVテーブル設定、フィールド変換など、様々な項目を定義することができます。


データステップのオプション

データステップのメニュー以外では、以下のオプションを利用することができます。

カラム(列)タイトル

デフォルト設定では、CSVファイルの最初のロウ(行)には、データそのものではなく、カラム(列)タイトルに使用されるテキストが含まれているとみなされます。

このオプションを変更するためには、画面左下部にある「最初の行をタイトルに含める」のチェックを外します。

これにより、CSVの最初のロウ(行)はデータとして扱われ、独自のラベルを使用できるようになります。


表示されているカラム(列)タイトルを変更したい場合は、タイトルをクリックすることで、新しいテキストを入力することができます。

ロウ(行)

プレビューに表示されるロウ(行)数を変更することができます。

プレビューを更新

プレビューに表示されるデータを更新することができます。

フィールドドロップダウンメニュー

こちらのメニューは、カラム(列)タイトルの青い矢印をクリックすることで、アクセスすることができます。

テキストフィールドに変換

フィールドの機能を数値や日付からテキストに変更することで、フィールドのコンテンツをテキストとして扱うことができます。これは、インポート時にテキストとして認識されないフィールドにのみ表示されるオプションです。

フィールドタイプ

Yellowfinがフィールドをメトリック(数値)として認識しているか、ディメンション(次元)として認識しているかを表示します。これは、ビュービルダーのビューフィールドステップで、フィールドの書式設定から変更することができます。

インデックス

読み込みパフォーマンスを向上させるために、フィールドにインデックスを追加することができます。一般的にインデックスは、結合やフィルターに使用されるフィールドに追加します。

設定

こちらのメニューでは、インポートプロセスの最後にCSVファイルから作成されるビューに関連するメタデータや、他のオプションを定義します。

名前

インポートプロセスの最後に作成されるCSVテーブルの名前です。これは、ビュービルダーの最初のステップで、ビュー作成者がデータベーステーブル一覧から、CSVテーブルを識別する際に使用されます。

説明

インポートプロセスの最後に作成されるCSVテーブルの説明です。こちらには、CSVに何のデータが含まれているのか記載します。

フィールドの追加

こちらのメニューは、CSVから既存のフィールドに基づく 新規フィールドを作成するために、利用可能なオプションです。これらの機能は既存のフィールドを変更せず、変換の結果を保存する新しいフィールドを作成します。

日付変換

標準の日付形式ではない日付フィールド(デフォルトでは、Yellowfinが日付と認識しないフィールド)を、書式を指定することで、日付/時間フィールドとして認識されるフィールドに変換します。

より詳細な情報は、日付変換 を参照してください。

Timestamp変換

Java時間書式(1970年1月1日0:00(GMT)からの経過ミリ秒数)で保存された値をTimestampに変換します。

数値変換

テキストとして認識される数値を含むフィールドを、数値フィールドに変換します。

完了とキャンセル


CSVデータの書式設定や設定が完了したら、以下のいずれかのステップに進みます。 


完了

完了」をクリックすることで、CSVインポートプロセスは完了し、バックグラウンドではCSVテーブルが作成され、ビュービルダーのドラッグ&ドロップステップに戻ります。こちらから、他のテーブルと同様に、CSVテーブルをドラッグして関連図を作成することが出来ます。

キャンセル

画面上部右角にある「×」ボタンをクリックすることで、インポートプロセスはキャンセルされます。ファイルに基づくCSVテーブルは削除されます。インポートプロセスを中断したい場合は、こちらのオプションを選択してください。