30日間の無料評価版をお試しいただけます。

概要


JavaScript グラフは基本的に、2つのコンポーネントで構成されています。「JavaScript」と「CSSコード」です。ただし、CSSはオプション設定です。


ユーザーは、独自のJavaScriptを記述することも、既存のライブラリーを活用することもできます。Yellowfinには、様々なライブラリーが事前に設定されており「/js/chartingLibraries/」フォルダーに格納されています。必要に応じて、こちらのフォルダーへ任意のライブラリーを追加することをお勧めします。グラフライブラリーの使用は技術的に必須ではないので、JavaScriptとレポートデータを使用してグラフを作成することも可能です。

CSSルールを定義する場合、Yellowfinのスタイルと矛盾しないように、独自の名前を付けることをお勧めします。例:mycompanyname_chart_ textcolour 

グラフデータオプション

オプション説明
JavaScript コードパネルJavaScript コードの入力に使用します。

CSSパネル

CSSコードの入力に使用します。
プレビューパネルコーディングした内容のプレビューを生成します。

セキュリティ

JavaScript グラフ機能を有効にするために、管理者は、以下の2項目を実行します。

  • システム構成ページで、以下の項目を有効にします(「管理コンソール」>「システム構成」>「システム」>「セキュリティ」>「JavaScript グラフ」)。
  • 選択したロールで、以下の機能を有効にします(選択したロールの「ロール詳細」画面>「レポートビルダー」>「JavaScript グラフ」)。

JavaScript グラフの作成者や編集者のために、新規ロールを設定することをお勧めします。これにより、JavaScript グラフ機能を厳重に管理し、必要の無い時には無効にすることもできます。

JavaScript 機能を有効にする方法は、こちらを参照してください。

JavaScript グラフ機能を無効にした場合

システム構成レベルで、JavaScript グラフ機能を「無効」にした場合は、以下の状況が発生します。

  • すべてのJavaScript グラフの実行が停止します。
  • JavaScript グラフを構成するすべてのJavaScript、またはCSSを、プラットフォームからエクスポートすることができません。
  • プラットフォームへ、JavaScript グラフをインポートすることができません。

注意:JavaScript グラフ機能が有効化されたロールを付与されていないユーザーは、JavaScript グラフをインポートすることはできません。

グラフ作成者は、開発環境とテスト環境に関する適切なコンテンツ開発と移行戦略、および承認ワークフローを活用し、ガバナンスを確保することをお勧めします。

generateChart関数の使用

JavaScript グラフ作成時に必要な関数は、「generateChart」です。そのため、サンプルコード内に表示されている他の関数は推奨です。Yellowfinは、JavaScript コードを実行するために、「generateChart」を呼び出します。

Yellowfinから必要なすべてのオプションとデータは、Options JSONオブジェクトの一部として、generateChart関数へ送られます。

指定されたdiv(Options. divSelector)にすべてを描画し、データセットからIDを取得します。

JavaScript グラフの例

下記は、JavaScriptの非常にシンプルな例であり、Optionsオブジェクトを介して送信された幅と高さを使用し、グラフdivを紫に設定します。

RequireとShim


JavaScript グラフに必要なライブラリーを読み込むためには、「Require」を使用します。JavaScript APIを介した埋め込みや、レポートの一般公開をするのであれば、「絶対パス」を使用しなくてはいけませんが、それ以外の場合は、「相対パス」で構いません。


Requireを使用するためには、下記のように、読み込みに必要なパスを定義します。


非AMD JavaScript ライブラリーを使用する場合は、「Shim」が必要です。Yellowfinに事前に設定されているライブラリーはShimを必要としませんが、ウェブサイトをソースとする特別なライブラリーを使用する場合には必要になる可能性があります。

Shimについてより詳細な情報は、JS要件の資料を参照してください。


こちらは、Shimを使用して非AMDライブラリーであるVizJSを要求する例です。

Options JSON オブジェクト



データセットの例

今回は、下記の例を使用して説明します。例に使用されているデータのいくつかは、省略されていることに留意してください。

divSelector (options.divSelector)

グラフの描画をするdivのIDを使用するCSSセレクターです。これは、JQuery、D3、またはCSSスタイルセレクターを使用するすべてのセレクターで使用することができます。

例:JQuery内でグラフdivを選択するためには、以下に従います。

var $chartDrawDiv = $(options.divSelector);

chartId (options. chartId)

現在のグラフのインターナルYellowfin IDです。

errorCallback (options.errorCallback)

Yellowfinのデフォルトエラーメッセージを表示するために呼び出す関数です。JavaScript グラフからのエラーメッセージを、Yellowfinのスタイリングと一貫して表示したい場合は、これを使用します。これは、発生したエラーをコンソールにも出力します。

dataset (options. dataset)

options.dataset オブジェクトには、レポートデータおよびレンダリング情報を表す属性が含まれています。これは、レポート APIおよびフィルター APIのプロパティ、関数、イベントを使用して、完全にカスタマイズされた対話型のグラフを作成することができます。

dataset オブジェクトには、次の属性が含まれます。

chart_information (options. dataset. chart_information)

グラフレンダリングに使用される情報を含むオブジェクトです。

  • 高さと幅:グラフがレンダリングする領域の高さと幅の属性を含みます(ダッシュボードポートレット、キャンバスウィジェット、ストーリーボード、グラフビルダーの表示、JavaScript API)。レポートの表示ページに、レポートがひとつだけの場合に、グラフに設定される高さと幅になります。これらの値がJavaScript コンテナーで使用されていることを確認し、適切なサイズに変更してください。
  • タイトル:グラフのタイトルが定義されている場合、データセットオブジェクトの一部になります。

metadata (options. dataset. metadata)

レポート内のフィールドの情報です。属性の名前は、レポート内のフィールドに基づきます(スペース付きの小文字はすべてアンダースコアに置き換えられ、重複するフィールド名は名前の末尾に数字が追加されます)。こちらで使用されるフィールド名は、データに使用されるフィールド名に対応します。メタデータ内で、下記のオブジェクトは、各フィールドにそれぞれの属性を含みます。

属性説明
data_typeフィールドのデータ型を表す文字列です(TEXT、NUMERIC、など)。
field_name書式設定されたフィールドの名前です。翻訳が有効になっている場合、ユーザーの優先言語でフィールド名の翻訳バージョンが返されます。
metric_colourオプション設定:ビューレベルで、このフィールドにメトリック(数値)色が設定されている場合は、選択された色のHEXコード(例:#FFFFFF)を含むmetric_colour属性が存在します。
org_refcode

オプション設定:データページで、フィールドに参照コードが適用されている場合、この参照コードの情報は、JavaScript グラフデータセットオブジェクトに含まれます。

これは、参照コード名を返します。上記の例では、「DEMOGRAPHIC」が該当します。

属性オブジェクトは、参照コードの実際のデータを含みます(例:並び順、表示テキスト、色、など)。下記の「orgrefcode_definitions」を参照してください。

data (options. dataset. data)

レポート内の実際のデータを含むオブジェクトです。上記で定義したメタデータの場合と同様に、属性の名前はレポート内のフィールドに基づきます(スペース付きの小文字はすべてアンダースコアに置き換えられ、重複するフィールド名は名前の末尾に数字が追加されます)。これらは、各フィールドの以下の属性を持つオブジェクトの配列を表します。

属性説明
raw_dataこのフィールドに含まれる基礎データです。
formatted_data

接頭辞、接尾辞、小数点以下桁数、などを含む、このフィールドの書式設定が適用されたデータです。

これらのデータ配列は、データがレポートに表示される順序になっています。これはつまり、「options.dataset.data.camp_region」と「options.dataset.data.camp_rating」がデータの同一のロウ(列)にあることを示してます。

attributes (options. dataset. attributes)

追加のレンダリング情報を含むオブジェクトです。これには、以下の属性が含まれます。

属性説明
default_colours管理で構成されたデフォルトグラフ色配列>コンテンツ設定ページ。これらは、ページ内で指定された順序でもあります。
orgrefcode_definitions

レポート内の任意のフィールドで使用されるすべての参照コード定義を含みます。

これは、マップのマップです。キーは、上記で定義されたメタデータオブジェクトのフィールドの参照コードと一致し、データオブジェクトで使用されるフィールドによりキーにされる参照コードです。

各定義には、設定されている場合、色と並び順が含まれ、参照コードの表示テキストも含まれます。

PDFへのレンダリング

JavaScript グラフをページに読み込むためには、通常グラフライブラリの読み込みも要求されます。これは、レポート周りに記述されているコードに応じて、レポートの残りの部分の後にグラフのレンダリングが行われる非同期的な読み込みが発生する可能性があります。

Yellowfinには、JavaScript グラフがいつ読み込まれたかを把握する方法がないため、PDFエクスポート中に問題が発生する可能性があります。

これに対処するために、オプションオブジェクトには、JavaScript グラフのレンダリングを待つ必要があることをYellowfinに警告し、レンダリングが完了するとYellowfinに通知する関数が含まれています。これを実現するには、blockRenderCompleteおよびrender Complete関数を合わせて使用します。

blockRenderComplete

この関数は、このグラフがPDFレンダラーに終了信号を送信する前に、実行する必要がある非同期コードがあるかもしれないので、待つ必要があることをレポートに伝えます。この関数は、JavaScript グラフ実装の一部として、最初に呼び出されるもののひとつです。

blockRenderCompleteが呼び出された場合、JS グラフコードの別の部分がrenderComplete関数を呼び出して、グラフのレンダリングが完了したことをレポートに伝える必要があります。

renderComplete

この関数は、このグラフがレンダリングを完了したことをレポートに伝え、それをリッスンしている任意のプロセス(例:PDFレンダラーなど)に対して、レポートのレンダリング完了信号をトリガーできるようにします。

JS グラフのどこかの時点でblockRenderCompleteが呼び出されていない場合、この関数はレポートのレンダリング状態にまったく影響しません。blockRenderCompleteが既に呼び出されている場合は、renderCompleteも必ず呼び出す必要があります。

$chartDrawDiv要素にいくつかのテキストを追加した例

generateChart = function(options) {
    options.blockRenderComplete(); //Prevents this report from being marked as renderComplete until "renderComplete" is also called;
    var $chartDrawDiv = $(options.divSelector);  
 
    setTimeout(() => {
        $chartDrawDiv.text('Hello World');
        options.renderComplete();
    }, 5000);
}

5秒後に「Hello World」というテキストがページに追加され、これが完了するまでは、PDFエクスポーターでのエクスポートもできなくなります。


requireによるグラフライブラリを含む例

generateChart = function(options) {
    options.blockRenderComplete(); //Prevents this report being marked as renderComplete until the "options.renderComplete" function is also called
    var $chartDrawDiv = $(options.divSelector);  
    var processedData = processData(options.dataset.data);
      doDrawing(processedData, $chartDrawDiv, options.dataset.chart_information.height, options.dataset.chart_information.width, options.renderComplete); //Pass through the options.renderComplete function to doDrawing, so it can call the function when it finishes
},
processData = function(dataset) {
  var barDs = {
      labels : [],
      datasets : [
          {
              label : 'Camp Region',
              data : [],
              backgroundColor : ['red','green','purple','yellow','black']
          }
        ]
  };
  
  for (var i = 0; i < dataset.camp_region.length; i++) {
      barDs.labels.push(dataset.camp_region[i].formatted_data);
      
      barDs.datasets[0].data.push(dataset.camp_rating[i].raw_data);
      barDs.datasets[0].backgroundColor.push('#009EEC');
      
  }
        
      
  return barDs;
},
 
doDrawing = function(data, $chartDiv, height, width, renderComplete) {
    require(['js/chartingLibraries/chartjs/Chart.js'], function(chart) {
        var $canvas = $('<canvas height="500" width="500"></canvas>');
      
        $chartDiv.append($canvas);
      
        new Chart($canvas, {
            type: "polarArea",
          
            data: data,
            options : {
                responsive : false
            }
        });
        renderComplete(); //Once the chart drawing has completed, call renderComplete to notify the report this chart is finished
    });
}


操作の背景


JavaScript グラフを呼び出すと、まず始めに、以下を含むデータセットサーバを生成します。


  • グラフJavaScript
  • グラフCSS
  • グラフ失敗イメージ(グラフエラー時のコールバックで使用されます)
  • JavaScript グラフデータセットオブジェクト

システム構成レベルで、JavaScript グラフ機能が無効になっている場合、JavaScript、CSS、データセットは返りません。

JavaScript ハンドラーは、generateChart関数を呼び出し、JavaScript グラフデータセットオブジェクト、グラフID、divSelector、errorCallback関数へ送ります。

CSSは、スタイルタグ内でグラフ divに追加されます。

これらのロジックすべては、グラフに不具合があれば標準のエラーメッセージを表示する、try/catch関数でまとめられます。

追加のデータ処理

Yellowfinは、レポートのテーブル表示から参照できるデータセットを返します。

しかし、必要に応じて、さらなるデータ処理をするために、JavaScript グラフコードに追加の関数を定義することができます。


下記は、自己定義されたprocessData関数を使用してデータを合計し、demographicとcamp ratingの合計を含むデータセットを返す場合のシンプルな例です。


独自のprocessData関数定義は、以下のいずれかの方法で記述することができます。

  • データをさらに変更する
  • 選択されたグラフライブラリーの予想される入力に適合する適切な格子/配列に変換する


例えば、特定のD3.js グラフ(例:Sunburst、Bubble Cloud、またはflare.json の例を使用するグラフ)は、階層的オブジェクト構造のデータを使用します。こちらの例では、options. dataset. data内に設定されたYellowfinのレポートデータは、以下によりさらに処理されます。

  1. 各カラム(列)をその名前を含むように移動する
  2. 配列へマージする


こちらは、GoogleChartsライブラリーを使用した別の例です。こちらのライブラリーを使用し、棒グラフを描画する場合、ライブラリーはデータセットが以下のように配列されることを想定しています。

こちらの例では、options. dataset. dataをこちらの形式に変更することができます。下記は、demographicとinvoiced amountを含むデータセットを使用した例です。

有益なヒント


以下は、JavaScript グラフの構築を支援する有益なヒントです。


  • デバッグが必要な時にJavaScript用のデバッグポイントをトリガーにするには、「debugger」JavaScript構文を使用します。これにより、ブラウザーの開発コンソールで安全に実行できる、一時停止が呼び出されます。
  • CSSクラス「jsChartNoOverflow」を追加することで、Yellowfinは、スクロールバーを停止するためのグラフ divを定義します。
    例:

    必要な構文でtry/catchブロックを使用することで、すべてのエラーを表示し、データセットに定義されているコールバックエラー関数を以下のように使用することで、生成されたエラーに、他のグラフのエラーと同様のルックアンドフィールを設定することができます。Yellowfinはまた、JavaScript エラーをブラウザーコンソールに表示するので、これをデバッグすることができます。
    例:
  • さらにデータを処理し、変更するが、現在の形式が不明な場合、ブラウザーの開発コンソールにログインし、これを参照することができます。ログインをするためには、JavaScript コードに以下を含めます。
    例:
  • JavaScript グラフを作成中に、現在のOptions JSONオブジェクトに何が含まれているか不明な場合は、以下を使用することで、オブジェクト全体を長いJSON文字列に出力することができます。

    これは、ブラウザーの開発コンソールにログインをします。JSON文字列全体をコピーし、JSONフォーマッターでこれを参照することができます。
    例:https://jsonformatter.curiousconcept.com/

制限事項


現状、JavaScriptグラフには、以下の制限事項があります。


  • JavaScriptグラフをエクスポートすることはできません。
  • JavaScriptレポートは、レポートリンクとしてのみ、共有することができます。