Skip to end of metadata
Go to start of metadata

概要

Yellowfinのプラットフォームには、データ取得とトランスフォーメーションのためのモジュールが統合されており、データをレポート作成や分析作業に適した形式へ変更することができます。このモジュールを使用することで、取得し、トランスフォーメーションしたデータを、使用するデータベースの形式で保存することができます。

 

データトランスフォーメーションモジュールは、シンプルなドラッグ&ドロップビルダーを使用することで、トランスフォーメーションフローを作成することができます。これらのフローは、それぞれが異なる機能を実行する「ステップ」から構成されています。以下は、主要な3つのステップのタイプです。

    • インプットステップ:任意のデータソースからデータを取得し、トランスフォーメーションを行うプラットフォームへインポートします。これが、トランスフォーメーションフローの設定に必要な最初のステップです。
    • トランスフォーメーションステップ:Yellowfinでは、様々な方法を使用してデータトランスフォーメーションを行うことができます。これは、データの集約から、データサイエンスモデルをベースにした予測の生成まで、多岐に渡ります。
    • アウトプットステップ:データトランスフォーメーションが完了したら、保存をしなくてはいけません。アウトプットステップを使用して、トランスフォーメーションしたデータをデータベースへ読み込みます。

これらのステップは複雑なフローを構成することもできるため、即時実行だけでなく、スケジュールを設定して特定の時間間隔で実行することも可能です。

(注)データトランスフォーメーションは、デフォルト組織のみで使用可能な機能となります。デフォルト組織以外のクライアント組織では使用できません。

 

項目コンテンツ

データトランスフォーメーションモジュールとその使用方法についての詳細は、以下のリンクを参照してください。

    • 前提条件:データトランスフォーメーションモジュールへのセキュリティアクセスのために、ユーザーロールを設定する方法を確認する。
    • はじめに:モジュールの詳細や、様々なコンポーネントについて理解する。
    • インプットステップ:データの様々な取得方法について確認する。
    • トランスフォーメーション:実行できるすべてのトランスフォーメーションタイプを確認する。
    • アウトプットステップ:データベースへデータを保存する方法について確認する。
    • フローの例:データトランスフォーメーションモジュールを使用した、基礎的なトランスフォーメーションフローの作成方法について確認する。

 

 

  • No labels