Skip to end of metadata
Go to start of metadata

こちらの項目では、Yellowfinストーリーのチュートリアルを紹介します。

 

概要

Yellowfinストーリーを使用することで、ユーザーはビジネスに関する数値を共有し、対話をして、電子メールやサードパーティ製ドキュメントなどの外部ツールを必要とすることなく、データと人間視点の解釈の外で発生するコンテキストを提供することができます。Yellowfinストーリーは、視覚的分析とテキストで構成され、レポートやイメージ、ビデオを含め、コラボレーション環境内で長編形式の分析を実行できます。シンプルなUIにより、ブログを作成するような感覚で、簡単にストーリーを伝えることができます。

 

 

ストーリーの要素

こちらの機能には多くの利点があり、そのすべてをYellowfin BIスイートで活用することができます。

    • 人間視点の解釈:データを理解するアナリストは、コンテキストや人間視点の解釈を追加することで、最適なインサイトを提供するデータストーリーを作成することができます。

    • サポートしているコンテンツ:ストーリーではテキストの他に、レポートやイメージ、ビデオの使用もサポートしています。他の多くの外部ツールとは異なり、インタラクティブなライブグラフやレポートを、簡単に組み込むことができます。

    • データの透明性とガバナンス:ストーリーの作成に貢献したユーザーはすべて表示されるため、この記事を書いた人、この記事を編集した人、共同編集者に完全な透明性を提供し、データの妥当性を確保することができます。専門家が貢献していることが分かれば、読み手はその内容の妥当性を確信することができます。また、スクリーンショットとは異なり、フィルターやデータが明確に表示されるため、レポートへの透明性も提供されます。

    • セキュリティ:Yellowfinのセキュリティフレームワークは、ストーリーの共同編集者や読み手を管理し、制限します。

    • 自動保存:ストーリーを作成すると自動的に保存されるため、システム終了前の保存忘れや、突然のシステム停止によりデータを失うリスクがありません。

    • スムーズなストーリーテリング:遅延を引き起こしたり、作成者の集中を奪う可能性のあるツール間の切り替えが発生しないため、ユーザーはフリクションレスなワークフローを得ることができます。

    • 読み手とのつながり:ストーリーは読み手に、フィードバックの提供や、他のユーザーと交流する機会を提供します

外部BIコンテンツ

Yellowfinストーリーでは、TableauやPower BI、Qlikなど、他のBIツールからのレポートを組み込み、使用することができます。メニューボタンを使用してレポートへのリンクを提供することで、これらのレポートを素早く組み込むことができます。より詳細な情報は、こちらを参照してください。

 

制限

ストーリの編集は現状、Internet Explorerをサポートしていない点に注意してください。

 

 

ガイドメニュー