Skip to end of metadata
Go to start of metadata

概要

Yellowfinのデータソースの設定は、システムがレポートを作成するために必要なソースデータにアクセスする際に使用する詳細な接続情報です。その後この接続は、ビューに表やフィールドを提供するために使用されます。管理コンソールから、新しいデータソースや関連するビューを作成することができます。そして、これらの接続へのセキュリティアクセスも管理することができます。

ソースのタイプ

Yellowfinは、レポート作成のために、多数のデータソースをサポートしています。これには、DB2、Oracle、SQL Server、Lotus Notes Dominoや、Yellowfinのインメモリなどのデータベースが含まれます。

詳細な情報は、下記のチュートリアルリンクを参照してください。

その他の機能

データソース追加の他に、こちらの項目では以下の事項を確認することができます。