Skip to end of metadata
Go to start of metadata

概要

ダッシュボードタブの作成、編集時には、様々なメニューにアクセスすることができ、タブの構成やカスタマイズをすることができます。タブのタイプや、含まれているコンテンツに応じて、表示されるメニューや、表示されるタイミングが異なります。

ダッシュボードの保存

オプション説明

名前

タブや、閲覧ページに表示される、ダッシュボードタブの名前を入力します。

説明

ユーザーがタブの目的を容易に理解できるように、説明を入力します。

フォルダー

ドロップダウン一覧から、フォルダーを選択します。これにより、選択できるサブフォルダ―の一覧が表示されます。

サブフォルダー

ダッシュボードタブを保存する、サブフォルダ―を選択します。サブフォルダ―は、コンテンツを分類し、セキュリティレイヤーを提供します。

タグ

ユーザーが検索しやすくなるように、タブにタグを定義します。

アクセス

非公開 – こちらのオプションを選択することで、「ダッシュボードセキュリティ」メニューを有効化し、タブにアクセスできるユーザーを定義することができます。

共有 – 共有タブ作成権限があれば、こちらのオプションを選択することができ、こちらのタブへ他のユーザーがアクセスできるようになります。

ダッシュボードレイアウト

オプション説明

サブタブ

Off – サブタブは無効化され、タブ上には、定義されたひとつのレイアウトにより、ひとつのコンテンツセットしか表示することができません。

On – こちらをOnにすることで、サブタブを作成して、オリジナルのタブコンテンツとともに、表示することができます。各サブタブには、それぞれレイアウトを設定することができます。

レイアウト

1列、2列、3列のカラム(列)テンプレートから選択します。

分析設定

こちらのメニューでは、以下の項目を含み、レポート間に様々なタイプのリンクを設定することができます。

  • フィルター
  • 日付スライダー
  • グラフのブラッシング
  • データ
  • ドリルダウン

より詳細な情報は、分析設定を参照してください。

シリーズ選択の設定

こちらのメニューは、グラフ上の選択可能なシリーズにリンクを作成することで、各グラフに同一のメトリック(数値)を表示します。

より詳細な情報は、シリーズ選択の設定を参照してください。

フィルター設定

こちらのメニューは、分析設定を通して、レポートのフィルターにリンクを作成することで、利用できるようになります。

より詳細な情報は、フィルターの書式を参照してください。

ダッシュボードセキュリティ

こちらのメニューは、「ダッシュボード保存」メニューで、ダッシュボードタブを「非公開」に設定することで、利用できるようになります。こちらから、タブにアクセスできるユーザーを追加し、各ユーザーに「閲覧」、「更新」、「削除」の権限を設定することができます。

より詳細な情報は、タブのセキュリティを参照してください。

更新の設定

こちらのメニューは、ダッシュボードタブでレポートデータを更新する設定を定義します。

オプション説明
レポート更新こちらのオプションを有効にすることで、定期的にこのダッシュボードタブに表示されるレポートデータを更新します。
レポートの更新頻度上記オプションを有効にした場合は、レポートデータを更新する頻度を秒単位で定義します。


ダッシュボード設定

オプション説明

単位選択を表示

ダッシュボードタブに、単位選択の表示を有効にした、タイムシリーズグラフがある場合、こちらを有効にすることで、タブ上に単位選択を表示することができます。

デフォルト単位

単位選択を表示」が有効になっている場合、タブにデフォルトで表示する単位を選択します。

最小単位

単位選択を表示」が有効になっている場合、タブに表示する選択可能な最小単位を定義します。

最大単位

単位選択を表示」が有効になっている場合、タブに表示する選択可能な最大単位を定義します。

ヘルプ

ヘルプを有効にすることで、ユーザーがタブ上のコンテンツや機能を移動する際に、タブの使用を支援する説明を参照することができます。

ヘルプ表示のタイミング

ヘルプ」が有効になっている場合、ヘルプ表示のタイミングを定義しなくてはいけません。

  • このタブを初めて表示したとき – ユーザーがこのタブを初めて表示したときに、すべてのヘルプメッセージが表示されます。
  • このタブが更新されたとき – タブが更新されたとき、更新内容と理由をユーザーに示すために、次回ユーザーがタブを参照した際に、ヘルプメッセージが表示されます。
  • ユーザーがログインする都度 – これは、複数人でひとつのアカウントを使い回している場合に、頻繁に使用されます。例えば、ユーザーの詳細情報や、アクセス権限を設定する前に、システムを使用できるように、新しいユーザーアカウントを設定する場合です。
  • ユーザーからリクエストされたとき – これはつまり、ユーザーがタブメニューからヘルプにアクセスしない限り、ヘルプは表示されないことを意味します。

タブのヘルプテキスト

タブヘルプの一部として表示される、タブの使用を支援する説明を入力します。

 

  • No labels