Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

シグナルのアラートを開き、解析の詳細を確認します(こちらのページは、タイムラインに通知されたシグナルのアラート、またはシグナル一覧ページからアクセスすることができます)。メインのシグナルは、タイムシリーズグラフの注釈として表示されます(より詳細な情報は、こちらを参照してください)。こちらの項目では、シグナルの詳細ページで、シグナルと対話する方法について紹介します。

以下は、シグナル詳細ページの一例です。メインのシグナルのグラフや、その他の詳細は、シグナルのタイプに応じて異なります。


Image RemovedImage Added

 

番号シグナルの機能
1自動生成されたナラティブが、シグナルの発生した時間とともに、そのタイプを表示します。良い結果は青、悪い結果はオレンジで強調表示されます。
2フィルターが適用されたデータのサブセットにより生成されたシグナルであることを示すフィルターアイコンです。フィルター値を確認するには、こちらをクリックします
3

特定のメトリック(数値) - ディメンション(次元)の組み合わせの履歴を表示する、シグナル「タイムシリーズグラフ」です。これは、同期間中に発生した関連する他のシグナルとともに、メインのシグナルの注釈を表示します。注釈を活用して各シグナルの詳細を確認し、以前の注釈を探索することもできます(これらのタイムシリーズグラフは、解析のタイプに応じて異なります。)

より詳細な情報は、こちらをクリックしてください。

4タイムシリーズグラフの表示期間を拡張したり、縮小したりするために使用する「タイムスライダー」です。タイムシリーズグラフに表示されるシグナルの注釈は、タイムスライダーにも(白い点として)表示されます。
5右側のパネルでは、メインのタイムシリーズグラフを関連、または相関する他のデータグラフと比較します。より詳細な情報は、こちらを参照してください。
6ディスカッション」タブでは、シグナルについてコメントを追加し、他のユーザーとコラボレーションできます。
7関連性」グラフでは、ユーザーがアクセスできる他のすべてのデータとの関連から、シグナルデータの重要性を示します。
8解析」タブでは、自動的に生成されたビジュアライゼーションと、潜在的な原因に関するナラティブを表示します。Yellowfin 自動インサイト機能を活用して、シグナル上で追加分析を実行することで、シグナルが発生した理由を説明します。
9

ユーザー自ら、または他のユーザーを招待してストーリーを作成することで、シグナルにコンテキストや人間の視点を追加できます。シグナルユーザーは、こちらのタブで公開されたストーリーを閲覧できます。

ストーリーは、データストーリーテリングとコラボレーションに最適なYellowfinの製品です。より詳細な情報は、こちらを参照してください。こちらの機能を使用するには、Yellowfin ストーリーが必要です。

10グラフをストーリーに追加」ボタンは、(現在の状態の)タイムシリーズグラフのスクリーンショットを取得し、ストーリーに追加します。これにより、ストーリービルダーへは移動しない点に注意してください。こちらの機能を使用するには、Yellowfin ストーリーが必要です。
11ウォッチ」ボタンはシグナルのウォッチ、またはウォッチ解除をします。これにより、シグナルがウォッチリストに追加され、他のユーザーがこのシグナルと対話をするとアラートが通知されます。
12アクション」ボタンでは、シグナルのオーナーになったり、これを他のユーザーへアサインできるほか、共有や無視、クローズなど、様々なアクションを実行することができます。より詳細な情報は、こちらを参照してください。
13シグナルの有用性を評価します。より詳細な情報は、シグナルの実用性を評価します。より詳細な情報は、こちらを参照してください。
14シグナル詳細ページを閉じます。

 


 

シグナルタイムシリーズグラフ

 

メインのシグナルの注釈

メインのシグナルの注釈にマウスオーバーすると、シグナルの情報を表示するツールチップが現れます。

...

horizontalrule
Styleclass
ClasstopLink

ページトップ